人気ブログランキング |

誕生日や記念日の花を贈る人限定。好きな人との関係性のための難波なんばの花屋 flowersalonosamu。

uwattura.exblog.jp
ブログトップ

タグ:黒猫 ( 1 ) タグの人気記事

新人スタッフさんのメリットと、黒猫10匹はすぐにはそろわない。

b0344880_13461866.jpg


こんにちは。なんばの花屋、flowersalonosamuの藤井です。



昨日のプログ。すーちゃんのプログのことですが、

なんか、いいよねー。と、あらためておもいました。

新鮮新鮮。やっぱり20代は違うっ。って感じられました。ことばの表現が素直です。

そりゃ、読者様にも反応が良い感じがします。あーなんか40代にもなると、だめですね。言葉にもシワのような筋がはいり、表現力もたるんでるような気がします。これから先どうなることやら、ちょっと心配です。

がんばりましょう。40代以上。エールを送ります。・・・・。エールという時点で40代。まさしく死語。

たまに、女子高校生のお客さんとか来るのですが、彼女らの肌つやとかはほんとすげーなあーとか思います。彼女らの言葉を借りれば【神!】って感じです。よく見るとその顔肌、CGですか?と、問いかけたいぐらい目じりにシワがないです。
僕の肌はやっぱり40代。ちぎり絵ですか?クレヨンで描いたのですか?っていうぐらいぱさぱさでギザギザです。

あ゛ー・・・・。




話は変わって、新人スタッフさんのメリット。

花屋さんだけじゃなく、その他の業種でもおもうことを書きます。




1・ 素直。なんといっても素直。この一言につきます。僕とちがって能がきをたれない。

2・ 一生懸命。 ちょっとぐらい遅くても、待っていられる。コンビニ店員さんの「研修中」の名札を見ると、それだけで一生けん命さがつたわる。

3・ 「ありがとうございます。すいません」がちゃんと言える。あたりまえのようで、あたりまえのようにできていない40代以上がいる。70代にもなってもできてない人もいる。俺もそんな「くそジジイ」になってしまうのだろうか?

4・ とにかく体が動く。若いからあたりまえだけど、非常にスマートな動きかたをする。一言でいうと無駄がない。40代以上になると無駄な動きだらけ。ひどくなると「動いてますよ」というアピールをする。そして、動かないうえ頭だけは動いてるような気がする。気がするだけで頭もあまり動いてない。経験だけが、たより。「経験」という文字が、神様のようにキラキラと見える。

5・ これで最後。そしてこれが一番重要。新人であるゆえに、これから先が無限であるということ。可能性が半端ない。「これから・・・」がある人は「これまでの人」のいくらすばらしい人間でも太刀打ちできない。

・・・できるだけ僕も「これから・・・」と思うようにしてます。むりくりに無茶をしながら思う。




いかがですか、各職種でがんばっている新人さんは、元気になれたでしょうか?

「経験」という神様にお祈りしながら、だれかのために必死になって歯を食いしばっている40代以上の方も、ちょっとは勇気づけられましたか?かつてはあなたもピカピカの20代だったのですよ。僕と一緒で。




なんか、新人スタッフのメリットを一気に書いたので、黒猫の事はさらりと語らせていただきます。







むかしむかし、こんなことがありました。今でもたびたび似たようなことがありますので、この「黒猫10匹」の話題をさせていただきます。

たまに、急に用意してというお客様がおられます。

前日の夕方に来て「明日の10時に同じ形のピンクの胡蝶蘭3本立てを10鉢用意お願いします」というのです。もちろん、ていねいにお断りします。まず無理です。

昔はそれに似たことを無理して受注したこともありました。でも、受けなければよかった・・・。と、後悔したこともよく覚えてます。

受注したら最後、なにがなんでも揃えなくてはなりません。
仕入先から、知り合いの花屋さん。いろんな方に迷惑をかけながらも、あと一つ二つたりないときは、高ーい上代そのままでの小売価格で、面識のない花屋から買うことになります。結局は、時間だけが足早に過ぎながら、あんまりもうけもない感じで、売り手がわの僕も、ぐったりしたことを思い出します。

そして、買い手側のお客さんもあまり満足ではなかったようです。
生まれたてのようなかわいい黒猫から、年寄りネコのようなちょっとぐったりした感じのものまで。また、ちょっと白ブヂが入っているものまで。なんかバラバラの10匹の黒猫に似たお花たちって感じです。


お花を黒猫とたとえたのは、同じ生き物で、生ものだということだからです。ペットショップにいって、明日の10時に黒猫10匹はなかなか揃わないだろう。ということです。アメリカンショートヘアーでも、シャムネコでも、同じことです。






みなさんはどう思いますか?


やっぱり余裕を持って受注をしないと、こんな感じになってしまいます。


ですので当店、flowersalonosamuは当日及び即日配達はしておりません。

時間を急かされるといい仕事ができないというのが、僕のポリシーであり、ルールです。
ホラー映画で車で逃げるシーンを思い出してください。車のキーの差し込みを焦るほど、キーを捜すのにすごく時間がかかります。そして、差し込んだのはいいが、エンジンがなかなか、かからないという場面と、なにか共通するものがあるのではないでしょうか。




やっぱり、受注も発注も、ゆっくり余裕をもってのほうがよいです。

人を好きになってゆくのも、ゆっくりなほうがいいでしょう。恋に落ちると這いあがるのが大変です。



そういえば僕ら40代も、かつては30代という黄金期をゆっくりと歩んできたことを思い出します。



あのころは、時間が無制限にあるように見えてました。














by flowersalonosamu | 2014-09-18 16:40 | お花を贈る時に、聞きたいこと。 | Comments(0)