人気ブログランキング |

誕生日や記念日の花を贈る人限定。好きな人との関係性のための難波なんばの花屋 flowersalonosamu。

uwattura.exblog.jp
ブログトップ

タグ:難波花屋 ( 2 ) タグの人気記事

難波(なんば)花屋 2019年最新版!花屋が教える難波のおすすめ花屋4選!

b0344880_19243098.jpg



2019年最新版!花屋が教える難波(なんば)の、おすすめ花屋選!



大阪ミナミの玄関口なんば。
難波にはいろんな路線駅が集中しています。南海電車、近鉄電車、阪神電車、JR、など各終着駅が隣接するのがこの難波という場所。
地下鉄から大阪メトロに様変わりした「なんば駅」も御堂筋線、四つ橋線、千日前線と、主要路線が重なる一日の乗降数が梅田に続いて2番目に多い駅です。

そんな難波だから、誕生日、記念日、プロポーズ、退職祝い、お店の開店祝いや、急に必要になったサプライズまで、いろいろなシチュエーションでお花を使う人が沢山いてます。そしてここには数々の個性あふれる花屋さんたちがたくさんあります。

なんばにお店を構える花屋の私が、難波界隈ににあるお花屋さんをグーグルSEO(グーグル検索)とグーグルMEO(グーグルマップ情報)を参考とし、あと少しばかりの独断と偏見を元に(でもけっこう正直に)4店舗ほどご紹介したいと思います!






青山フラワーマーケットなんばパークス店

b0344880_19183388.jpg

(出典:http://eshop.aoyamaflowermarket.com/p...)

知る人ぞ知る、日本の大手、『青山フラワーマーケット』さんです。

企業コンセプトは「Living With Flowers Every Day」
関西弁に訳すと、「お花ちゃん いっつもあるのん気分ええわ~」
と、いうのは冗談で「花や緑に囲まれた心ゆたかな生活を」です。

実質カジュアルフラワーでは日本の花屋さんではナンバー1 です。
ナンバー1の花屋がなんばパークスに出店しているので遠目から見てもわかるくらいその外観はかわいくておしゃれ。外観だけでなく店内も綺麗にディスプレイされており、1本1本手にとって自由に選ぶことができるスタイルは楽しんでお花を購入するにはもってこいのフラワーショップです。

そしてここで青山フラワーマーケット(以下青フラさんに略します)の本当の強みをこっそりお伝えしときます。
青フラさんのなんてったっての強みは、そこで勤める青フラ スタッフさんの『青山フラワーマーケット』へのブランド愛です。
青山フラワーマーケットだから働いてみたい!」というスタッフさんが大半なので、愛するお店を一生懸命もりたてよう!というがんばりスタッフさんたちで構成されています。
そして青フラさんは勤めてからもいろんな試験があり、スタッフさん達はその試験に受からないとスキルアップできない仕組みになっているようです。
店長クラスになると花の仕入はもちろん、高度なデザインをするなど難易度は高いものとなってます。となると、スタッフのみなさんはちゃんとした技術力を持ち合わせていると判断できます。いやいやさすが大手ですね。いろんなことにひれ伏せます!

あと残念なことに、難波では2店舗あったおしゃれな『青山フラワーマーケット』さんは、2018年になんばマルイ店が閉店したため、ここなんばパークス店さん1店舗となってしまいました。ご了承ください。



住所: 大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークス2F
電話番号:06-6635-1797
営業時間:11:00 ~ 21:00
定休日 ⇓ウェブサイトでご確認ください。
(出典:https://www.aoyamaflowermarket.com/category/SHOP036/)






FlowerShop「花次郎」なんばウォーク店
b0344880_19190871.jpg

(出典:http://www.hanaya87.com/shop/gifts/md...)

大阪では梅田と難波、キタとミナミにそれぞれお店がある花屋さんは誰もが知る「花次郎」さんです。
切花を自由に選べるスタイルは『青山フラワーマーケット』さんと一緒ですが、花屋の僕が見ても、とにかく価格が安い!のが特徴です。よくもそんなビジネスモデルが構築できるな。と尊敬してしまうので、もう価格競争では難波の近隣お花屋さんたち(うちも含めて)お手上げ状態です(笑)
そして、切花だけではなく、鉢物や苗物、ラン類にいたるまで、できるかぎりの良心的価格で販売しています。価格に敏感な大阪マダム客でいつも賑わってますよ。

あと、花次郎さんはブライダルブーケも強いです。専用のウェブサイトもあるくらいなのでブライダルブーケやコサージュをお探しの方は一度ウェブサイトを覗くのも良いと思います!



住所:〒542-0076 大阪市中央区難波2丁目 なんばウォーク 1-14号 難波ウォーク1番街
電話番号:06-6214-8726
営業時間:10:00 ~ 21:00
定休日:なんばウォーク の定休日と同じ日程
(出典:http://www.hanaya87.com/shop/location/?shop=nanba)







Hibiya-Kadan Style なんばスカイオ店
b0344880_19184534.jpg

(出典:http://www.hibiyakadan.com/shop/03030...)

こちらも大手中の大手、全国に約200店舗の直営店を持つ、安定性抜群の花屋さんです。花屋さんと言えば日比谷花壇。というほど知名度は高いです。
以前、僕が違う花屋さんで勤め人のころ、日比谷花壇からの仕事依頼を担当していたことがありました。(下請けみたいな感じ)
その時のイメージから日比谷花壇といえば対法人。というイメージです。大手製薬会社、有名ホテル、有名劇場など、ありとあらゆる名の通った企業からのお花の依頼があったことを今でもしっかり憶えています。
そんな対法人のイメージですから、店舗のフラワーショップである「なんばスカイオ店」はたしかな知識と技術を持ったスタッフが対応してくれること間違いなしだと思います。
僕の感覚ですが、エレガントなウェディングディスプレイ演出や有名ホテルのフラワーディスプレイなどのデザインや製作にくらべれば、花束ブーケやフラワーアレンジメントは本当にカンタンです。(フラワーディスプレイは本当に難しいです。気を使うし長時間労働で寝れなくて死ぬかと思ったことがありました!)

そしてスカイオ店さんは最近できたなんばスカイオビルにあるので、店舗がピカピカで綺麗です。グランドピアノとか置いたらすごく様になるだろうなぁ~と勝手に思えてしまうようなお洒落な空間のお店です。


住所:〒542-0076 大阪市中央区難波 五丁目1番60号 なんばスカイオ2階
電話番号:06-6644-2587
営業時間:10:00 ~ 21:00
定休日 ⇓ウェブサイトでご確認ください。
(出典:https://www.hibiyakadan.com/shop/06380.html)












なんば花屋 flowersalon osamu

b0344880_19243098.jpg

(出典:https://websta.me/p/13823527646463878...)

b0344880_19091149.jpg


最後になりましたが、当店、なんば花屋 flowersalon osamu をご紹介させていただきます。

なんば花屋 flowersalon osamu はその店名通り、僕自身の名前、osamu という名が付いた花屋です。そのショップ名の影響なのか、なぜか男性のお客様が約7割ぐらい来店してます。新メンズフラワーサロンみたいな感じの少しばかり変わった花屋となっています。
来店してくださるお客さまに当店をなぜ選んだのですか?と聞くと、「枯れるのがいや!」「小さいので隠すことができるし扱いやすい!」と口を揃えて言ってくれます。

特にプリザーブドフラワー(枯れないバラ)が当店では人気。当店だけにしかない置ける花束プリプットブーケの、ダーズンローズや11輪beloved。またはパステルレインボーローズも当店だけの珍しい商品です。あとクリスタルの花器でデザインされた枯れないバラやスワロフスキーを少しばかり取り入れたデザイン、ダークブルーの枯れないバラなどは男性に人気の【スマートなカッコよさ】の商品ラインナップたちで構成されています。
さらに、枯れないバラの花束を抱かせるクマのぬいぐるみたちの種類も充実してます。一番人気のレインボーくま、白ちゃんくま、黒ちゃんくま、ちびクマ、ハットボックスに入ってしまうクマや花束に付けるクマピックなどいろいろあります。

もちろん生花の切花も取りそろえていて送別の花束や誕生日、プロポーズの花束やアレンジメントバスケットなども製作することができますよ。
バラやガーベラなどサプライズギフトに必要な切花たちは、国産切花を使用するというこだわりの花屋です。

あと当店ではウェディングブーケやコサージュなどの製作はやっていませんのでご了承ください。難波の花屋さんでは近くの【花次郎】さんをおすすめしています。

彼女の大切な誕生日、特別なサプライズなどはぜひ当店にお任せください。あなたの大切なサプライズプレゼントをよりかっこよく、さらに一段上へと演出させていただきます。
素敵な奥さまや大好きな彼女のたいせつな日は、ぜったいに失敗はゆるされないですよね!






最後に、

長々となりましたが、このたびは【2019年最新版!花屋が教える難波(なんば)の、おすすめ花屋4選!】の記事を最後まで読んでいただいてありがとうございます。




お花屋スタッフさんはこころの優しい人が勤めていることが多いといろんな方から聞きます。実際、いままで当店で勤めてくれたスタッフさんたちは心のやさしい方ばかりでした。
お花がやさしい商品であるのはもちろんのこと、フローリストのやさしい雰囲気、そう、どの店舗に行ってもそんな人達のこころの優しさにふれあうこと自体がこの花という商品を購入する一番の醍醐味だと勝手に僕は今でも信じています。
どうぞ難波といういろいろな人たちが交差しあう少しばかりせっかちな場所で、花を扱う人の心のやさしさにふれあいに行くこともこの場をかりておすすめしてしまいます。


2019/6月 flowersalon osamu  藤井オサム


住所:〒542-0076 大阪府大阪市中央区難波4丁目8-8
アクセス:地下鉄御堂筋線「なんば駅」12番出口徒歩約1分30秒
     南海本線「難波駅」徒歩約5分
     JR各線「難波駅」徒歩約5分
電話番号:06-6647-0187
営業時間:10:30 - 20:00(日祝は17:30まで)
定休日:火曜日(祝日の時も休み)
公式サイト:http://flower-osamu.com/

(出典:http://flower-osamu.com/)


b0344880_19065436.jpg












































by flowersalonosamu | 2019-06-03 19:43 | なんば駅周辺 | Comments(1)

✿難波(なんば)の花屋の店内YouTube。✿flowersalonosamu

b0344880_17025610.jpg

   ↓ なぜマットをきれいに洗ったのかは、続きの1分間YouTubeで、店内の雰囲気も見れます。













洗剤でゴシゴシ洗った後、クレゾール液で殺菌、消毒済みです。

確実な人間様のご来店を、こころよりお待ちしております。

















by flowersalonosamu | 2014-11-10 17:30 | なんば駅周辺 | Comments(0)