人気ブログランキング |

誕生日や記念日の花を贈る人限定。好きな人との関係性のための難波なんばの花屋 flowersalonosamu。

uwattura.exblog.jp
ブログトップ

タグ:日本一 ( 1 ) タグの人気記事

You Tube の花屋さん。になってきました。目指しているのは日本で最初の、明朗商品花プレゼントメニュー一覧です。

b0344880_17570347.jpg


みなさんーこんばんは。

なんばの花屋のふじいです。またまたご無沙汰しております。


今日はYou Tubeについてをテーマにしたいです。


読者のみなさまもご存じかと思いますが、当花屋、flowersalonosamuはYou Tubeで花のプレゼントメニューを上げ続けさせていただいおります。

今では40本ほど近くなってきましたので、それなりにかたちになってきたなぁーと感じています。


前々からですが、動画で何かを伝えたいとおもってました。しかしながら、どうやって撮っていいのやら正直言って全然わかりませんでした。
花屋さんだけに限定して、You Tubeでいろいろ調べたりしましたが、どれも自分がやりたいこととは違うような感じがして、むずかしいな。とも思いました。

ある花屋のひとはデザインに対してていねいに分かりやすく動画をupしてたり、ある人はおもしろおかしくギャグをまじえながら楽しそうにupしてました。
中にはめずらしい人もいて、踊りながら花を活けている人もいました。

いろいろな人が、いろんな切り口でお花の良さを伝えようとしてることが、You Tubeの画面を通じて伝わってきました。


悩みに悩んだ挙句、さて、僕にはなにができるだろう? そんな風に想いをめぐらしました。


最初に思いついたことは、できるだけシンプルにしようと思いました。

饒舌にしゃべっていくのもたぶん自分には無理だろうともわかっていたからです。

次に想った事は、お客さんは「何が知りたいんだろう?」ということに、しぼりました。

普段からお客さんがリアルな僕に向かって言っていること。

それこそ本当のお客様の声だと。


この2点だけに絞って答えを出していくと、消去法からのスタートだと確信しました。

まず第一は、デザインのしゃべりや、制作過程の動画はいらない。と。

1流のフローリストやデザイナーが日本国内外とわず、いろんな方がいろんな手法でYou Tubeでupしてたから、いまさら僕がしたところで(だから・・?)というかんじでした。ましてや僕は1流でもないし・・・。


だから最後の最後、仕上げのラッピングのところか、リボンの締めくくりでスタートさせました。おかげで視聴者の時間短縮にも貢献しました。(長い動画は見てくれないということもわかってましたから)

そして一番肝心なところは、お客さんが「どうやって持って帰れるんだろう?」ということと、「値段はいくらやねん」という明朗性でした。

持ち帰りの紙袋。もしくは花束ぶくろ。そこまで動画で撮って、そして見ていただいてイメージしていただく。そして価格も完全に表示する。

それだけに焦点をあわせた動画撮影のスタートとなりました。



そして、お客さんの代わりに、僕が持ち帰るフリをしたり、うちのスタッフたちが交互に演じてくれたり。

初めのうちは撮影も大変でしたが、なれてくると、かんたん、カンタン。あれよあれよというまに、動画撮影。動画編集。ひょひょいのひょい。という感じです。



すいません。いま、ちょっと店が忙しくなってきましたので、その2へつづくとさせていただきます。



しつれいします。乞うご期待。










by flowersalonosamu | 2015-03-12 19:58 | flowersalonosamu | Comments(0)