人気ブログランキング |

誕生日や記念日の花を贈る人限定。好きな人との関係性のための難波なんばの花屋 flowersalonosamu。

uwattura.exblog.jp
ブログトップ

タグ:恥ずかしい ( 1 ) タグの人気記事

ほんとは恥ずかしい、花なんかあげたくない、でもどうしてもこの気持ちを伝えたい。

b0344880_17324825.jpg



こんにちはふじいです。


おひさしぶりです。



タイトルにあるように、

「ほんとは恥ずかしい、花なんかあげたくない、でもどうしてもこの気持ちを伝えたい」


というお客さんが、最近とくに来店してくれています。







ほんとうにありがたいです。



いろいろ相談を聞いているうちに、自分がフローリストということを忘れてしまうときがあります。

あー、そんなにその女性のことが好きなんだ。と、あらためてお客さんの気持ちがズンズンと伝わってきます。なんかまるで僕が愛されている錯覚にとらわれたりもします(笑)




大阪のひとって、当たり前ですけど関西弁を使います。


だからあえてギャップを生みだすために、このブログは標準語的に綴っているのです。





大阪の男性たちって、みなさんも経験があると思いますが、あんまり「愛してる」って言いませんよね。

なんか本能的に似合わない、と思っているのでしょうか。それとも関西弁が『愛してる』というキーワードに似合わないのか。
たしかに・・・・『愛してんねん』とかはなんか・・ちょっと詐欺師っぽい(笑)『好きやねん』のほうがぜったい、いいですよね。




『愛してる』そう思ってても、これがまた言えないんです。恥ずかしい。

がんばって勇気をだして言ってみても、「きもい・・」って思われても嫌ですしね(笑)「ちゃうちゃう、そこ、ツッコまんといてー」です。




だから関西のひとほど、お花を活用アイテムとして使うのが必須だと思ってしまいます。



「情熱」

「愛しい」

「愛してます」

「あなたに出逢えて」

「君の微笑み」

「あこがれ」

「尊敬」

「信頼」





・・・・・。




花言葉を例に挙げていくと、関西男はぜったいに言えない、オンパレードになって行きます(笑)



今の時代、「ありがとう」さえ恥ずかしくて言えないひとも多くて・・。



恥ずかしがり屋の僕ら男性の伝達システムを、これからいろいろ構築してゆくのが、とてもワクワクして楽しみで仕方がないです。





話は途中みたいですがこのへんで終わります。




おつかれさまでした。


いつもありがとうございます。





追伸。


たまにですが、お客様の中で彼女の画像を見せてくれることがあります。

僕はそんなとき、とってもうれしいです。


お客さんがデレデレしている姿に幸せを感じます。



そんな僕のちいさな幸せのために、あなたのでっかい幸せを見せびらかせにきてください。

自分の彼女を自慢できる『フラワーショップ』が、全国で一軒ぐらいあってもいいかもしれませんよね。





















by flowersalonosamu | 2016-06-13 20:46 | 心をこめて | Comments(0)