人気ブログランキング |

誕生日や記念日の花を贈る人限定。好きな人との関係性のための難波なんばの花屋 flowersalonosamu。

uwattura.exblog.jp
ブログトップ

タグ:告白 ( 5 ) タグの人気記事

素直なきもちの、男性の想い。

b0344880_14483548.jpg



こんにちは、まーさんから続きましての、
お顔通りの、「気さくで、明るくて、話しやすくて、誰も言わないから自分でいうなのイケメンでイケメンでイケメンな」店長のふじいです。


ということで、最近、当店ウェブサイトにいただいたお客さまの言葉から、本日のお話をさせていただきます。





こんな口コミ言葉をいただきました。


タイトル「彼女との記念日で花束を作っていただきました」 

「 付き合って1年の記念日に花束を買いました。
告白したときも花束を作って頂いて告白が上手く行ったので今年も作って頂きました!しかも去年もお願いしたのを覚えて下さっていてとても嬉しかったです!
来年もまたお願いしようと思います!
男性であまり自分の気持ちを伝えるのが苦手な人、愛を伝えるのに花束を是非渡して欲しいと思います! 」



という感じでうれしい言葉がならんでいました。

うれし過ぎたのでこんな返信をさせていただきました。


『 貴重な口コミ投稿ありがとうございます。感動しました。

「自分のきもちを伝えるのが苦手な方」そんなこころやさしい人のために、大げさでありますがこのお花のサプライズがあるのではと本当に想ってしまう今日この頃です。

おこがましくもここでみなさんに一つだけ話を聞いてほしいのですが、女の子の気持ちを代弁すると、女性の方々は常に「待っている」状態です。言い換えれば許可を与えることをほしがってます。

現状はライオンみたいな肉食女性なんて10人に1人もいません。ここ日本ですから(笑)

ということは、男性のほうがちょっとでも待ってしまうと、お互い待ってしまう変な状態が生まれてしまいます。その状態は何処へ辿り着かないし何処へも行けません(笑) だからリードしてあげましょう。

ちょっと思い出しましたけど、だれか歴史上の偉い人が「求めよ!さらば与えん!」って言っていたことが頭をよぎりました。人との関係性においてもこの言葉がピッタリはまるような気がします。特に男性は肝に銘じることをおすすめします。

今回の口コミ投稿していただいたお客様の男性につづき、みなさんも自分のタイプのかわいい人をGetしてください。応援してます。』




という感じで、「なに言っているのか、ちょっとわかんない?」ブログになりましたが、すごく簡潔にまとめると、「早く言ったほうがいいよ」ということです。


僕も10代20代の時には、「この子のこと好きなんだろうか?」とか「好きかもしれない」とか「かわいいかなぁ」とかの小説的めんどくさい遠回り野郎でしたけれども、おっさんになるにつれてそんなことどうでもよくなってきました(笑)

素直に、その女性の素敵なところを好きになることが、男性のきもち、もしくは自分のきもちの「誠実」さなのではないでしょうか。

























by flowersalonosamu | 2017-06-05 15:26 | お花を贈る時に、聞きたいこと。 | Comments(0)

これから告白、プロポーズをする方へ。

b0344880_18055914.jpg


こんにちはふじいです。

本日は、プロポーズを無事成功させた仲良夫婦が、わざわざお礼に来てくれた画像をご紹介させていただきます。
あったりまえですけど、わたくし店長のふじいは感動しました。

そして、このご夫婦さんとの、ちょっとしたエピソードをご紹介。

まずはじめはご主人になられた男性がご来店、プロポーズの花束をお買い上げいただきました。花屋さんの日常ではいたって普通のことです。

その日続けてそれから、ご夫婦の友達というかたがプロポーズ成功のお祝いでと花を買ってくれました。

そしてそして、これで終わらず、またまたご夫婦の友達がプロポーズ成功のお祝いの花を買ったのです。



合計で3個、当店からお買い上げいただきました。うれしいような、ウソのようなホントの話です(笑)


Nさんご夫妻、現在とても幸せそうです。これからももっともっと幸せをつかんでくださいね。




そしてそして、ここからがまだパートナーが見つかっていない人へ。




これから告白、プロポーズをする方へ。


断られたらどうしよう。と悩んでいるあなた。

正直言って結果は誰にも分かりません。でも、行動したことはあなたの事実となっていきます。

もう一つ正直に言うと、当店で告白やプロポーズの花を買ってくださった人全員が成功しているかといえばそれも嘘になります。中には失敗して涙をこらえた人もいるはずです。

でも花屋の店長である僕はいつもこう思うようにしてます。

行動して言葉にした恐怖よりも、言えなかったり行動しなかった恐怖のほうが何倍も恐ろしいはずだと。


なぜなら、

もしかしたらOKだったかもしれないからです。


もしOKだったのに、行動できなかったから、言えなかったから。などでダメだったら、これほど致命的ダメダメ感なものはありません。


昔々、恥ずかしながら僕も、行動できなかったから女性をゲットできなかった苦い経験があります。


その女の子は時間がたった後にこう言ったのです。



「あの時なんで言ってくれへんかったん?」

と。

これほどしんみりした怖い言葉はありませんでした。ほんとにゾッーとしました。これを読んでるみなさんは、僕みたいなバカな失敗をしないように(笑)


要はタイミングです。

幸せもタイミングです。ぼっーとしてたら女の子なんて、すぐに過ぎ去ってしまいます。

すいません間違えました。女の子ではなくて女性のこころです。

「女こごろと秋の空」ということわざがあるぐらいですから(笑)














by flowersalonosamu | 2017-02-04 18:29 | 心をこめて | Comments(0)

「プロポーズ成功です!」のことば。鳥肌もの。

b0344880_18460804.jpg




こんにちは、ふじいです。



今日はちょっとした話を。

以前当店でお花を買っていただいた男性のお客様から、プロポーズ成功のご報告を受けました。


わざわざ当店まで足を運んで頂いてありがとうございます。





詳細は差し控えますが、彼が誠実に言葉を放つと、彼女さん、とつぜん泣きだしたそうです。。。





ほんと映画のような、嘘のような本当の話。背筋がぞくっとしました。




直接、当店まで来ていただいて、エピソードを伝えてくれているので、臨場感たっぷりです。





まるで僕(おっさん)か゛プロポーズ成功した感覚にとらわれました。ほんと感動。


ゾクっとした感動をありがとうございます。











「 失くした愛も、こわれた夢のかけらも

すべて その腕にかかえて、

僕についておいで 」





前回に浜田省吾さんの話をしたので、「愛しい人へ」の歌詞が浮かんできました。


いろんなこと、めんどくさいこと、
そんなすべてを抱えて、あなたを好きだということが、
男らしさなのかもしれません。







あなたの愛しい人は今何をしていますか。




















by flowersalonosamu | 2016-02-18 20:02 | お客様 | Comments(0)

花を贈ると、女性は正直な微笑みしかできないのだ、の巻。

b0344880_12591596.jpg




こんにちはふじいです。





僕は花屋という職業柄、何百回という花の配達をしてきました。
もしかしたら1000回以上越えてるかもしれません。


何百回という回数を重ねてきますと、贈り主さんと届け先さんの関係性がなんとなく分かるようになってきます。




第一に、贈り主さんに好意や親しみをもっているかたは、まずは驚いた表情をなされます。

それもちょっとした謙遜の意味を込めて・・・。わたしなんかに・・・。とか、僕なんかに・・。とかです。






第二に、もらったけどちょっと恥ずかしい、照れてしまう。けどなんとなく「うれしい」という人は、なんか目が笑っています。キラキラしていると言い換えてもいいかもしれません。


たまの注文ですけれど、けんかしたけど仲直りしたい・・・。みたいに、男性から女性に花を贈るときにちらりとそんな表情を見せてくれます。
僕は当然ながら贈り主本人ではないですけれど、なんか「ほっと・・・」してしまいます。けっこうそういった些細なことが花屋のやりがいなのかもしれません。





そしてそして、第三に、たまーにですけど、100回に1回ぐらいは、届け先様にげんなりさせられることがあります。

贈り主さまの名前を言った瞬間、眉がぴくっとしかめっ面になります。なんか拒否ってる感じです。

ケンカした恋人だったら、まだゆるさない!という状態です。もしくはぜんぜん興味がない人から贈られた時も同様です。たとえるならば、魔女の宅急便でニシンのパイを届けた孫娘の表情に似ています。

それでもしぶしぶ受け取っていただけます。わたしたち花屋も仕事なので配達完了しないと仕事が終わりません。


ここでぶっちゃけ言うと、今まで2回ほど配達拒否をされたことがありました。

届け先様はハッキリと「嫌いだから」と言うのです。


ご注文主さまに報告すると【なぜ?】と問い返すのです。

なぜ・・・。と言われても・・・。



お客様のこと「嫌い」みたいです(笑)

とは言えず。



「受け取れない」と言い換えました。






その二人のあいだには何があったのか・・・。もともと何もなかったのか・・・。今となっては迷宮入りですけど、とても考えさせられる出来事でした。でもそれも1000回に1回ぐらいの確率です。安心してください。パーセントにすると0.1%です。消費税のはるか下の割合です。でもジャンボ宝くじの一等よりかは当たってしまいます(笑)










今回のブログでなにを言いたいかと言うと、


直接花をプレゼントする方は、花をわたす時のその瞬間、相手のしぐさを目に焼き付けてください。

その瞬間に、好きな相手のちょっとした微笑みにすべてが語られているのです。


それを見逃さないでください。その時に彼女と一緒になってお花を見ていたらだめですよ。



その時は、彼女の顔をちゃんと見ていてください。あなたへの言葉が顔に書いてます。ほんとうに。


b0344880_12584601.jpg



前回の僕のプログは「好きなひとの気持を知るベストな質問」でしたが、

いやぁ~、どうしても直接聞けないぜよ~!という方は、「彼女の顔色うかがい花作戦」でもいいと思います。


またまたこんないろいろな方法を考え出せたならブログに紹介します。

僕は花屋なのでこんなことしか思い浮かべられませんが、いい方法があればまたお客様の方から教えてください。







本日もここまで読んでいただいてありがとうございます。



おやすみなさい。





by flowersalonosamu | 2016-01-29 18:19 | お花を贈る時に、聞きたいこと。 | Comments(0)

好きな女性の気持ちを知る、ベストな質問。

b0344880_12573450.jpg


こんにちはふじいです。


もうすぐバレンタイン。

世間一般的には、女性から男性への告白。

でもそれも日本だけの模様。欧米では男女ともども関係なしに、親しい人にプレゼントを交換しあいます。

だからあっちではホワイトデーがありません。ホワイトデーは日本お菓子メーカーさんの戦略なのです。


そんな日は花屋にもあります。母の日など。

うなぎ屋さん、そば屋さん、いろんな業種の方がいろんな日にちを設定してお客さんを喜ばせます。




それはさておき、

今回のタイトルは、「好きな女性の気持ちを知る、ベストな質問」です。


当花屋にも、数々の男性陣がお花をお買い上げいただいて、告白やプロポーズを決行しています。



どうやって女の子の気持ちを確認しているのだろう?

と、純粋に僕は興味があります。でも「どうやって告白しますか?どうプロポーズしますか?」などとはあたりまえですけど聞けません。そんなん聞いたらプライバシーの侵害です(笑)


だから、できるかぎり好きな女性の方が喜びそうなお花を作ったり、きれいにラッピングしたりします。それしかできません。花屋なので。





んー。。。。。好きなひとの気持を知るベストな方法。



・・・かなり難しいので、いろいろ調べました。



いちばんしっくりきたのはこの答えです。



【直接、相手に聞いてみる】<br>


でした。(笑)





それを書いてた人はお医者さんなので信用性があります。

さらに続けてこうも言ってました。箇条書きにします。



・ 直接、相手に聞いてみる

・ 今の現代、草食男子ばかりなので、言葉にして行動する男性が世界遺産的に希少価値がある。なので価値が上がる。

・ 引っぱってくれる男を女性は求めている。

・ ズバッと【好き】と言ったほうが評価が上がる。人は好きと言われた人に好意を寄せる傾向がある。心理法則らしい。



です。


言葉にしてみると、なるほどなぁーとか、カンタンそうだなぁーとかなりますが、なんだかんだいっても我々は人間です。感情があるのでドキドキします。

断られたらどうしよう・・・。という不安が覆いかぶさって実行できなくなります。



そこでそこで・・・。

ここでセールス文章になりますが、花のプレゼントアイテムが、勇ましくもあなたを勇気付ける勇者の剣となるのです。(ドラクエモードに突入)

当店ウェブサイトの文章にも書いた覚えがありますが、お花ってとてもきれいですが、人間自体に直接的な価値はありません。ハチや蝶々などの昆虫類などにはなくてはならないものですが。



人間の【美しい・・・】という感情に、寄り添うことができるのが花です。

逆にいえば、花を美しいと思っているのは人間だけです。



話は脱線しましたが、そんな美しい花をプレゼントするには、あたりまえですがお金がかかります。

お金がかかるからこそ、強制力が働きます。

こんなん買った。どうしよう・・・。じゃ、もう、言っちゃえー!

みたい感じです。




あえていいますが、べつに花じゃなくてもいいです。ちょっとした雑貨とかそんなものでもいいと。

でも生花のいいところは枯れて消滅するところ。

万が一失敗に終わったとしても、あなたが起こした勇気ある行動は相手の感情からも薄れていきます。生花は枯れて捨ててしまうからです。相手の女性は断ったけれど、「わたしはもてるのだ」という自身を女の子に持たしてやることもできます。いいことずくめです。

なによりも、

あなたがとった行動は、成功や失敗にかぎらず、これからの大きな自信となるでしょう。

好きになった女性がかわいければかわいいほど、あなたの価値があがります。

そもそも、そのかわいい人独り占めレースにされ乗れない男性は数え切れないほど世の中にはいるのです。エントリーさえむずかしいのです。
またまた逆に言うと、告白はかんたんで、エントリーがむずかしいということ。

まるで就職戦線並みの競争率です。

b0344880_12580960.jpg






・・・。


こういった話ができるのも、当店に何回も来ていただいたお客様の言葉からでした。



僕店長「お客様、このあいだはありがとうございました。彼女さん、喜んでくれました?・・」



お客様。「---んー。あー、あの子はダメでした。・・今日はともだちの女の子に・・・」

と。





なんということでしょう!


これがほんとのポジティブイケメン!見習わなくては・・・。






いつも読んでくれてありがとうございます。


お疲れ様でしたー。




by flowersalonosamu | 2016-01-23 13:50 | お花を贈る時に、聞きたいこと。 | Comments(0)