人気ブログランキング |

誕生日や記念日の花を贈る人限定。好きな人との関係性のための難波なんばの花屋 flowersalonosamu。

uwattura.exblog.jp
ブログトップ

タグ:初めて ( 2 ) タグの人気記事

緊張したおっさんが初めてピアノ発表会 に出ると、こんなふうになる。

b0344880_10351316.jpg




こんにちはふじいです。

今日はお花とはまったく関係のない話です。お忙しい方は飛ばしてください。



先週の日曜日にピアノの発表会がありました。

先生や若い方みなさんはすばらしい演奏を聞かせてくれました。ほんとよかった。


・・・。いろいろ書きたいですが、・・・まずは僕の動画をどうぞ ↓
















というわけで、ナウシカはうまいこと飛べなかったし、アシタカもサンを救えなかった気がします。

でも、おっさんながら、とっても真面目に弾きました。


真面目にものごとに取り組む大切さを、あらためて考えさせられました。






弾いたピアノはヤマハのC-6らしいです。


とっても弾きやすかったのに、ミス多数なのが残念です。




緊張。という言葉。忘れていた気がします。





そういえば、当店からお花を買ってくださった男性のお客様。

こんな感じの緊張で「好きな女性」や「結婚したい人」、または「付き合っている彼女」、「大好きな妻」などに花をプレゼントしたのだろうと、感じました。



ほんと、みなさんの緊張に比べれば、僕のなんかたいしたことないのに・・・。ましてや好きで弾いているのに。

そして、この極度の緊張は、いろんなものが一気に来た!って感じでした。


告白と記念日と誕生日とプロポーズの緊張たちがドッと押し寄せてくるような、そんな嵐みたいな感じでした。




今回のピアノは失敗しましたが1回ぐらいではへこたれません。

それどころか、ますますピアノが好きになりました。

お客さんが自分の中で【ど真ん中】の女性に花を渡すように、僕も楽器の中で【ど真ん中】の一つとなってしまいました。





にんげんって、簡単に手に入らないものほど、ついつい追いかけてしまうのかもしれません。






















by flowersalonosamu | 2016-04-07 21:07 | 心をこめて | Comments(0)

初めてのお花屋さん来店の女性。

b0344880_17430807.jpg


こんにちは。ドラへもん、ふじいです。





「初めて花を買いに来ました!」

の女性が来店してくれました。


先客様がミニブーケ完成を待っていたので、5分ほどお待たせしました。



今日はともだちの誕生日。


ともだちみんなで相談して「お花」を贈ることに決定したそうです。


当店までわざわざ来店していただけました。さんきゅ






「お花、買ったことないので、どんなのがいいのでしょうか?」


と、ネコの目のようにまんまると見開いて質問されました。



初めてで、

20代ぐらいの女性の方で、

女ともだちにちょっとした誕生日祝いの花、

となれば、まず「ミニブーケ」どうですか?と言います。




さみしいかな?と感じれば、プットブーケやアレンジ。その他わたすスタイルによってプリザもすすめます。



でもその女性は即答で「それお願いします」とご注文をくれました。



気持ちのいいご注文。ありがとうございます。




作っている間、なんかニコニコ愛想のいいかわいい女性でしたので、なぜ当店を選んでくれたのですか?と、ちょとした口頭アンケート。



お店の雰囲気と、店のスタッフさんの雰囲気で来ました!と。


ありがたき、しあわせ。



やっぱりそう言ってくれるお客さんは【マリア様】に見えてしまう。




お店の雰囲気はとなりにおいといて、このおっさんの雰囲気がよかったので、と言われると涙で水没してしまいそうです。ほんとうにありがとう。おっさんガンバリマス。


ちなみに頑張っているおっさん ↓
b0344880_16222267.jpg





また来てくださいね。一生けんめいお作りします。






最後にその女性に質問しました。


なぜ、ともだちみんなはお花のプレゼントに決めたのですか?と。



その答えも即答。



「みんな、お花が好きなんです!」







その純粋な答えに、なにかキーワードが隠されている気がしました。



そう、花屋が見落としている【キーワード】




僕は花をまったく知らない人たちに、花を好きにさせる「アプローチ」ができているのだろうか?




お客さんの純粋な感情が、ここ最近なんか心に引っかかってちょくちょく教わることが多いです。



ほんとありがとう。




そのお客さんの脳内には、誰かの誕生日には【お花】のキーワードの選択肢がこれから入るんだなぁ。と思うとうれしくなります。



花屋さんに対してのイメージがよくなれば、花屋業界にも活気がつくはず。



だって、初めての店が最悪だったら、その店にも二度と行かないし、その業界の選択肢も消えてしまうのは目に見えてます。。。



やっぱり初めてのお店って、お客さんもプレッシャーがあると思うんですけど、店頭スタッフもプレッシャー受けてます。僕みたいなベテランおっさんならなおさらです。





彼女が一通り違うお花屋さんを巡っていただき、やっぱりここがいいなぁと言われるようこれからも努力と勉強をします。




読んでいただいてありがとうございます。





おやすみんなさい。おつかれー。

























by flowersalonosamu | 2015-12-16 18:34 | お花を贈る時に、聞きたいこと。 | Comments(0)