人気ブログランキング |

誕生日や記念日の花を贈る人限定。好きな人との関係性のための難波なんばの花屋 flowersalonosamu。

uwattura.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ナルニア ( 3 ) タグの人気記事

すごいことが起こって、元気になったすごい人!

b0344880_13072128.jpg



こんにちは店長のふじいです。以前 2014年8月28日に書いた当店のブログ記事「ナルニア国物語 第3章 名言 すごいことと、すごい人」を読んでいただいた方はいてますか?
ちょうど5年前、スタッフが突然の不慮の事故に合い、それをナルニア国の物語に例えたブログ記事です。

当時彼女は意識不明の重体になっていました。

その時のことを振り返ると、ほんとに信じられなくて、いまでも不思議なとまどいの感覚がずっと残っていたのをよく覚えています。

グーグルで調べまくったあげく、「氏名○○○○○、年齢○○、女性、事故内容、日時、(重体)」などが書いたネット記事を見た瞬間、僕の感覚のズレをいきなり埋めるように現実が押し迫ってきました。

普通に一週間前まで、普通にお店に来て、普通に仕事をしてもらい、普通に業務でダメなことを注意したら、普通の女の子が見せる少しの反発ととまどいの目をしていました。それからたった一週間で、【氏名○○○○○(重体)】なんて信じられません。ギャップが大き過ぎて受け入れることができませんでした。映画とかドラマちゃうねんから!と自分にツッコミを入れる悲しい自分がいました。

その当時心配し過ぎていろんな人に「意識不明ってどうなるん?」と聞きまくりました。
「半々やな」とか「きびしいな」とかいろんな答えが返ってきました。元看護士の人だけは「若い子はあんがい目を覚ます率は高いで」と言ってました。
結果そのとおりになりました。

目が覚めた吉報を聞いた時、自分の娘が生き返ったような異常な喜びを感じたことを今でも覚えています。

以前のブログでも書いた事故後入院している病院へのお見舞いで、痛々しい姿におもわず頭をなでてしまったことを思いだしました。今でもセクハラで訴えれるよ。

その後、一年ぐらいたってから家族の方と一緒にリハビリ中のたどたどしい歩き方でお花を買いに来てくれたこと。またまた感動しました。しっかり覚えています。

そして、5年後の今日のこの日、普通に一人だけでこのお店に来て、普通にお花を買って、普通に冗談を言ったりしてくれたことに思いっきり感動しました。ほんとにおっさん今まで生きててよかった。このお店も細々と続けられてよかった。ほんと涙目です。来店してくれた瞬間、あなたの手をおもわず握ったことゴメンネ。もう自分で認めるけどただのスケベなおっさんです。


冗談はさておき、5年前のブログに書いた【そしてあなたと笑い合えることを確信してます】が現実になった今、言葉のちからが本当に存在することを実感しました。そしてその力がゆりえちゃんにあることを僕は知っていたのかもしれません。
リハビリよくがんばったね。今度からはそんなリハビリをする人たち助ける側になってください。勉強がんばって!ほんとにお店に来てくれてありがとう。


お兄さんの結婚もおめでとう! また出来るなら一緒に働きたいです!どうですか!?



































by flowersalonosamu | 2019-09-13 18:34 | 心をこめて | Comments(0)

もうひとつのナルニア国物語。名言その2。自分の価値を知れ。

b0344880_11340510.jpg


前回のその1「ナルニア国物語。名言。すごいことと、すごい人」を読んでくれたかた、ありがとうございます。

第3章ではもう一つ名言があったことを思い出しました。この場をかりて書かさせていただきます。



ナルニア物語第3章の主人公のルーシーは、自分より綺麗で美人だと想う、姉のスーザンに憧れを感じます。憧れを感じるあまり、姉そのものになりたいという願望や感覚にとらわれてしまいます。

願望はやがて欲望のようなものになり、おどろおどろする魔法の本の魔術のページを破って、自分のものにしてしまいます。

鏡に映った自分は、ルーシー自身ではなくなり、やがて姉のスーザンそのものになってしまいます。とらわれた心は恍惚感を激しくあふれださせ、うっとりとした表情に変えてゆくのです。

そしてライオンの形をしたアスラン王が静かに近づきます。

そして。


自分から逃げるな。自分の価値を知れ。


と、忠告。

我に返ったルーシーは、あわてて破った魔術のページを、暖炉の中へ投げ入れ、燃やしたのです。





この微妙な人のこころの変化の模様を、忠実に再現された名シーンだと感じます。そして人の愚かさと、素晴らしさを対比させたなんとも短く、簡潔な言い回しなのでしょうか。

僕の中ではけっこう座右の銘トップ3、ランクインです。なっとくいただく方は「そうだよね」と共感してくれるはずだと思います。

どんな素晴らしい人物でも、それが歴史的偉人であろうとも、究極に言い切ってしまえば、それは普通の他人です。自分ではありません。自分ではないので、なれるはずもないのです。

僕のともだちが言ってました。結婚式のスピーチが下手くそだけど、それも精一杯やった自分のレベルなのだと。仕事をここまでしかできないのだけれど、それも自分だと。他人の目ばかり気にしないで、精一杯の自分のレベルをまず認めてあげることだと。重要なのは一生けん命やっているかどうかということ。40代にして小学生のレベルのような言葉が、胸に刺さったことを思い返します。



いま現在の自分の価値。お客さんから見る当店の価値。さまざまな角度からの多面的なサービスレベルは満たしているのか?

そんな疑問と戦いながら、青く見えてしまうとなりの芝生をあえて見ないようにし、これから出会うお客様の笑顔をまっすぐに見ていきたいです。
by flowersalonosamu | 2014-09-03 17:27 | 心をこめて | Comments(0)

ナルニア国物語 第3章 名言 すごいことと、すごい人

b0344880_17182163.jpg


今週の火曜日。flowersalonosamuが定休日ということもあって、仕事関係でのお付き合いの人のお見舞いに行ってきました。

詳細はちょっとさし控えさせていただきますが、彼女の出来事にそれはそれはとてつもない出来事が起こりまして、ナルニア3章で起こった物語に重ね合わせてしまう自分がいることにふと気づきました。

物語の内容の第3章では主人公的な役割のユースチフが、ちょっとしたことがきっかけでドラゴンになってしまうというストーリー展開です。

ドラゴンになった彼は嘆きました。そしてソノ大きな瞳からは涙がポロポロと溢れ出たのです。

それまではケンカして対立していた仲間(リーピチープという人間の言葉を話すネズミ)が次の言葉でなぐさめたのです。


「すごいことはすごい人にしか起きないものだ。だからきっと、きみはすごいんだ」

なんという励ましの言葉だろう。彼女のことを思うときこの言葉がよぎってしまう。そしてこの言葉を贈ってあげたい。

あなたはすごすぎる。君はドラゴンをはるかに超える人間だ。



物語の道中、ユースチフは自分の境遇をかえりみず、仲間たちの最大のピンチを力が尽きるまで一生懸命になって救ったりもします。そんな姿も今の彼女に重なって涙をこらえてしまいます。彼女は家族のためにがんばっています。もう、自分のためだけじゃないことを理解してました。入院中の家族写真を拝見させていただいたら、みんなの愛情がにじみ出てました。うらやましいくらいです。


そして、ナルニア物語はクライマックスへ。

自分のなすべきことをやりとげたユースチスは安堵の表情を浮かべます。

アスラン王が彼のそばに近づき、生命の雄叫びを放ちます。彼は元の姿に戻り、さらには人としても、とてつもない成長を成し遂げます。

彼女に生命の雄叫びがきこえることを固く信じてます。そしてあなたと笑い合えることを確信してます。

美人のユースチフへ。こころを込めて。

by flowersalonosamu | 2014-08-28 11:42 | 心をこめて | Comments(0)