人気ブログランキング |

誕生日や記念日の花を贈る人限定。好きな人との関係性のための難波なんばの花屋 flowersalonosamu。

uwattura.exblog.jp
ブログトップ

タグ:クリスマス ( 7 ) タグの人気記事

2019年クリスマス!いろいろあったけど一年の最後のイベントはやっぱりコレ!

当店の前のホテル、アレキサンダーさんで今年のクリスマスの撮影をさせていただきました。

ご協力いただいた、ナガタ支配人さま、急きょモデルとして活躍していただいた細マッチョのアレキサンダーのスタッフの男性の方、この場をかりてお礼申し上げます。ありがとうございました。

当店スタッフのすーさんも綺麗に撮れて、超満足でござりまする。ありがとう、お疲れ様です。

さてさて、2019年のクリスマスはあなたはどんなクリスマスにしますか?

今年はクリスマス・イブが平日火曜日。恋人たちはどんなシチュエーションで再会するのでしょうか


b0344880_10325942.jpg


b0344880_10332398.jpg


b0344880_10330452.jpg


b0344880_10331135.jpg


b0344880_10331959.jpg






























by flowersalonosamu | 2019-11-04 10:46 | flowersalonosamu | Comments(0)

嘘みたいな人のやさしさに感動した花屋のおっさんの話、その②


b0344880_14231476.jpg


「ゆるしていただいて、ありがとうございます!」と、ちょっと声を強くして言ってしまいました。

「予定通り、僕の友達がとりに行くので、よろしくお願いします」とだけ言って、注文主様は電話を切りました。



↑ ということで、前回の話の続きをさせていただきます。

前回の話を読んでない方には3行でカンタンに説明します。

① Xmasイブの日、おっさんが店長をしている花屋さんで国産の赤いばらがいっぱい売れた。

② さすがXmas、男性から女性への愛のテンションはMax。ついでに花屋おっさんのテンションもスペシャルMax!

③ ところがドッコイ!奈落の底へ。Xmasイブの日の最終営業時間に、赤いばら12本の花束の事前予約を発見!僕の完全なミス。花束作成リストの一件分だけが印刷欄外になっていた。調子に乗って赤ばらを売りすぎた結果、残りの本数が7本に。どうしようもないので正直に注文主様のМ・Jさんに謝罪の電話を入れる。やさしいМ・Jさんにゆるしていただく。М・Jさんの友達が代わりに取りに行くことになった。



と、ここまで話しました。それでは続きを。



「12本の赤いばら花束を注文してたМ・Jの代わりです」とその友達は言いました。20代後半ぐらいのTAHAHIROに似たイケメンです。

しかし、М・Jの友達はミスをして失敗してしまった僕とМ・Jさんとのやりとりをまったく知らず、商品代金を支払おうとしたんです。

「いやいや、すいません。赤いばら12本を揃えきれなかったのは僕の完全なミスなんで、お代金は頂くことはできないとМ・Jさんと約束しました。ほんとにすいません。ゆるしていただいただけでありがたいです」と慌てて言いました。

すかさず友達は「そんなんあかんで。じゃ、なんか買っていくわ」と言い、「そういえば俺の弟の誕生日近いねん」とさっと近くにあるプリザーブドフラワーの商品を手に取ってくれました。

ほんとに申し訳なかったんで、こちらの価格から割引させていただきます。と言うと、「それもあかんで」と、拒否しました。

プリザーブドフラワーをラッピングしている間、その言葉にうれしくて疲れた体が軽くなっていくのが感じられました。

そうしていると、一緒に来ていた年配の男性のお連れさんが、「おまえの弟やったらしゃーないなぁー、俺もなんか買うたるわー」といい、ねこのプリザーブドフラワーを購入してくれました。二つ合わせた代金は、僕が失敗してしまった花束の金額を越えてました。ほんとになんとも言えない気持ちです。




2人がさっそうと帰る時に、ねこプリザを購入していただいた年配の男性が「そもそもお前に弟なんかいたっけ?」と言ったのが聞きとれました。


え?っと反射的に僕はスタッフのすーちゃんと目を合わせました。


そしてすーちゃんがポツリと言ったのです。

もともと弟などいなかったんだ、と。




その時はおどろきのあまり、ただたんに口がぽかーんとなっただけでした。頭の中で整理することができません。お化けを見た人はこんな感覚なのかもしれないですよね。


家に帰ってお風呂に入ってる時、嘘をついた彼の人のよさが強く感じました。腹が出ているおっさんには痛いほど心に染みました。なんとも言えない気持ちになり、恥ずかしながら眼に涙が溜まりました。




僕の完全なミスを誠実に対応していただいたМ・Jさま、友だちさま、年配のねこプリザの3人さま、この場をかりてお礼を申し上げます。ありがとうございます。いろんなことを教わりました。

そして、当店を信頼して誠実に対応していただいてくれているすべてのお客さま、取引業者さま、スタッフのみなさま、いつもこんな僕とつきあっていただいて感謝しております。



ここでささやかながら「ロマンスとミステリー」を感じてしまうこの曲を聞いてください。



あなたに近々「ロマンス、ミステリー」が来ますように




























by flowersalonosamu | 2017-01-18 20:19 | 心をこめて | Comments(0)

とりとりトリッキーな2017年、あけおめです。と、嘘みたいな人のやさしさに感動したおっさんの話。

b0344880_19133861.jpg



こんにちはふじいです。おひさしぶりです。


そして、おそくなりましたが、今年もよろしくお願いします。

というわけで、当店の失敗談と、嘘みたいなホントにあった話を、まずは2017年第一発目から聞いてください。




その日は2016.12.24のクリスマス・イブでした。

午前中からクリスマス用のサプライズ花束の注文でごったがえしてました。

ご注文の内容は国産の赤いばらを含んだものが多数です。

その代表的な花束が画像の108本花束です。

プロポーズも兼ねていたそうでした。ご注文いただいたIさま、ありがとうございます。お礼の電話もいただいてほんとに感謝してます。


さてさて、

クリスマスイブの午後から夕方にかけても赤いバラのご注文は途切れることなく続きます。

来るわ来るわ、赤いバラ花束。さりげなく1本の人もいれば、プリザーブドフラワーのお客さんもいます。


3本、5本、7本。11本の人もいれば12本の人も。20本の人も何人か。



それぞれの想い。だれだれへのロマンス。



電話での来店予約はさることながら、直接来店のお客さまいつもよりだんぜん多め。

さすがにクリスマス。あー、毎日がクリスマスだったら、ウッホウッホ!で毎日ゴリラのものまねでドンキーコングできるのになぁ。と喜んでました(笑)

とにかく、花屋の店先は「誰かから誰かへの愛」でいっぱいでした。






気がつくとクリスマスイブも19時半。

やっと終わった。。とスタッフのすーさんとみーさんと安堵していました。


ウン百本あった国産の赤いばらは数本しか残っていない状態。インスタグラムで赤いばら完売報告もしました。




ところが・・・ドッコイ!


最終の注文データの確認をすると、僕の顔にはちびまる子ちゃんみたいにおもっいきり縦線が入りました。というか、自分の顔をマジックで強く縦線を入れたいぐらいです。


なんと、残っていたのです!ご注文が・・。それも赤いバラ12本の花束でした。

ただたんに僕自身のミス。注文データの印刷部分が一件分だけ印字されてなかった大きなミスです。


悔しい気持ちを抑えながらも、お客様のご来店時間は刻々とせまってきます。


きれいな赤いバラは7本しか残っていない。

しかし、あと、15分でお客さまが来る予定。5本足りない現実。r>


・・・。


もうしかたがありません。


ここは正直にお客さまに電話で連絡することにしました。




「申し訳ありません。当店の完全なミスであり、僕が起こしたミスです。本当にすいません。7本は赤いバラですが残りのバラの色は違う色になりますが、ゆるしていただけるでしょうか」


と正直に話しました。少なからずの罵声を浴びせられても、しかたがないと覚悟しました。



そのご注文主様は「えー!」とか「なんでやねん!」とかも言わず、「人間ですから誰だってミスはありますよね。わかりました」

とだけ言ってくれました。

今、書いている途中でもちょっと涙ぐんでしまいます。おっさんの僕はその時ほんとにうれしかったです。なぜかというとそのご注文主様は20代ぐらいのお客さま。ひとまわりもふたまわりも離れた僕の子供の年に近いぐらいの男性。やっぱり人間の品格というものは年齢ではない。と確信された瞬間でした。


「ゆるしていただいて、ありがとうございます!」と、ちょっと声を強くして言ってしまいました。



「予定通り、僕の友達がとりに行くので、よろしくお願いします」とだけ言って、注文主様は電話を切りました。





そのゆるしの言葉だけでも「いい話」なんですけれども、この話にはつづきがあります。当店のスタッフたちもビックリ仰天です。僕もビックリです。そうなんです。その花束を取りに来た友だちがすごいんです。



すいません、今日はちょっと長くなってしまったので、次回にお話しさせていただきます。




今日も読んでいただいてありがとうございます。



あなたの日常にも幸せが来ますように。

























by flowersalonosamu | 2017-01-14 19:54 | 心をこめて | Comments(0)

やっと来ました!クリスマス体感温度。

b0344880_18245597.jpg


こんにちは。ふじいです。


やっと来ました。ひんやり温度です。(・.・;)

クリスマスシーズン。

北風が冷たくて冷たくて。



日中はなんかちょっと暇でしたが、夕方になって暗くなるとイルミネーションに誘われるようにお客様が来店してくれました。

b0344880_18243826.jpg




やっぱり年末。彼氏、彼女でもなく、いろいろイベントが満載らしいです。


お客様は忙しそう。


打ち合わせしたり、待ち合わせしたり。花の予算額を決めたり。



いろいろご相談をお聞きしますよ。








はてさて、おやつの時間のころ、時間がちょっと空いたのでギターをちよっと弾きました。



歌は今の季節にぴったりの、ジョンレノンの「ハッピークリスマス」


英語は苦手なので、歌詞はだいたい「そーでぃすいず、クリスマス」

もりあがるサビの部分は「あー、べりーめりークリスマス」


2番にちょっと「そー、はっぴークリスマス」をはさんで、



最後は「うぉー、いずおーばー」をコーラスして締めくくります。



ギターやピアノ弾ける方、おもしろいですよ。やってみてください。



メロディーラインとコード進行が神がかっているので、歌詞がそんな感じでも「名曲」です。



そして僕みたいなおっさんが歌って【いい歌だなぁー】と感じるのも「名曲」なのではないでしょうか。




Happy Christmas ☆












by flowersalonosamu | 2015-12-17 19:45 | お客様 | Comments(0)

スタンプ付ポインセチア 1851円(税込2000-)と、クリスマスに贈る、短いメッセージ。

b0344880_14592880.jpg


b0344880_14594251.jpg



こんにちは。ふじいです。


寒くなってきました。今日はスタンプ付ポインセチア 1851円(税込2000-)のご紹介。

変わったものは仕入れをします。当店では植木はあまり販売しないのですが、これはかわいい。と、主観的な思い込み。

とおもいきや、さっそくブログで宣伝させていただきます。





そして、クリスマスに贈るプレゼントもいろいろあるのですが、メッセージもいろいろ考えてしまいます。


本日は短く。こんな言葉はいかがでしょうか?


①  ・・・さん、・・・ちゃん、一応、世間ではクリスマスやし、メリークリスマス(笑)。花屋で安かってん・・・。(ほんとは高かったけれど・・)

②  ・・・さん、来年もヨロシクのちょっとした気持ち・・・。

③  ・・・さん。ずっと、毎年この12月は・・・さんと一緒にいたい。(キッパリ言い切り)


3番はかなりプロポーズに近いですけど(笑)。みなさん状況と場所とか、あと、相手の気持ちなどを考えていろいろアレンジして完成させてください。


本日もどうもありがとうございます。


おやすみなさいませ。





また次回、お花を渡す時のメッセージをお伝えいたします。




by flowersalonosamu | 2015-11-25 15:21 | ☆商品メニュー | Comments(0)

クリスマスの気配と当店のおすすめ【NEW】

b0344880_18325744.jpg



こんにちわ
すーです☆★


この前まで
ハロウィンだったと思えば
すっかり
街中はクリスマスの気配が

ちらり

ちらり



今日はとある駅で
大きなクリスマスツリーを見かけました
5?6?7?mくらい?
たぶんそのくらいでした(笑)


クリスマスツリー
緑と赤の
コントラストが

うんうん


むむっ


鈴じゃなくて
リボンじゃなくて
靴下じゃなくて
プレゼントじゃなくて


真っ赤なバラでした


真っ赤なバラがたくさん

もりもりついてました



斬新な感じがしました(笑)



これから
ぞくぞくと
いろんなところに
いろんなクリスマスツリー

たのしみです♪


かわいいディスプレイも
増えそう♪


たのしみです♪♪♪




ちなみに
私は阪急百貨店の
地上階の横の所。

ディスプレイがいつも素敵なので
梅田にいくと
チェックしております♪


クリスマスは毎年
リサとガスパール?そんな名前でした?
それだったはず。

個人的には

おとぎの国みたいな時
あれが一番すきです
かわいいですよね

あの時は気持ち悪くらい
かじりついてみてます(笑)


さてさて
当店でも
ディスプレイ商品が増えてますよー
って
以前のブログでお知らせしてますが


あ。
もーーーーし
ごらんになられてない方は
さかのぼって
見ていただけたら
幸いです( ..)”


話はもどりますが
そうそう

ディスプレイ


よく変化しております☆
私も毎日は出勤しないので
バイトにくると

わぁ。
そういえば変わってるー

なんてこと
よくあります(・.・)



なので
ご来店のたびに
当店のいろんな発見をしていただけるかなー
とか思っております





おっと。


忘れるとこでした。


今日のマンガでは
イヌが2匹いますが

犬ではなくて


クマ♪♪♪


すみません
いつも
くまくまくま
って
クマばっかり(笑)



でもおススメなので
ぜひご報告させてもらいますね♪


色はホワイトとブラウンです☆
とーってもかわいい
くまのぬいぐるみ
が入荷してます★☆


フラワーギフトとご一緒に
プレゼントにいかがでしょうか(●^o^●)
















by flowersalonosamu | 2014-11-07 19:29 | すーちゃんのお花屋さん日記 | Comments(0)

クリスマスDisplayについて。

b0344880_19200006.jpg





もうそろそろクリスマスの時期がさしせまってきてます。



この寒くなってくる時期になると、雇われ時代の時、いっしょうけんめいになってクリスマスの装飾をしていたことを思い出します。


クリスマスの装飾って、花屋さんがするもんなの?と、おもいの方もおられると思います。


そうなんです。けっこうな確率で花屋さんがしてるんです。



そして、ぼくが勤めていた会社が、その元請けさんからの仕事の依頼を受けて、せっせと施工していくんです。

施工?と聞いて、そんな大げさな!と思われる方もいてるとおもいますが、まじで施工です。

僕の記憶があやふやですいませんが、その時の社長さんがいってたと思うんですけど、有名ホテルのクリスマスの装飾は、僕を含めて複数の人間がからみ、元請けから見て、孫請け的な人々も巻き込むほどの大がかりなものでした。

しまいには昇降機や、小型重機のクレーン車なんかも出てきます。

工程は、仕込み作業を含めると約2カ月ぐらいにわたり、ほんとうに自分は花屋なのかとおもうぐらい、不思議な感覚だったのが印象に残ってます。




ああ、こんな冗談も当時の同僚と言い合っていたのを思い出しました。


「きみ、花屋さんですか?」

「いえ、不景気で、今は電気屋なんです・・・」みたいな。



おどろかされたのは仕事内容もさることながら、受注金額も半端なかったのが忘れられません。
僕がそれまでにしてきた花屋の仕事の受注金額は、大きな金額でも一つの仕事で50万ぐらいでした。
それの約10倍ぐらいです。

有名ホテルの、クリスマス装飾のセット価格は、昔の話で15年前ほどですが、約500万ぐらいだと言ってました。現在はそんなに行かないと思いますが。


ホテルの入り口。ロビー。数々の通路。バーやレストラン。しまいにはプールにまで。そして、ちょっと危険で大掛かりな、ホテルの外壁をクリスマスガーランド(緑のもけもけの長いやつ)で幾何学的に描いていく仕事なども。


そりゃそうですよね。そこまでの仕事単価になると、もう花屋じゃないです。

ホテルのディスプレイ現場から帰ってきて、花屋の店頭で酔っ払いのおっさんが、5千円の花束をえらそうな口調で、豪華に作れ!と言ってきたときには、なんだか、いらっとした気分にもなりました。それくらい、当時の僕は忙しすぎて、自分がフローリストだという感覚がなかったです。



当時の社長さんも、それはそれはすさまじかったです

二日ぐらい寝ずに仕事をしていくなんて当たり前でした。


当時、装飾に関して完全な素人だった僕が、上司である社長さんを眠ってしまわぬよう、起こす役割も兼ねていたことが、おもしろくもなつかしい思い出となってます。







そして、十何年も前の、そんなディスプレイの仕事のなごりが残っているのかもしれませんが、ホテルやお店のクリスマスツリーを見ると、ついつい立ち止まって美しさやクオリティーなどを確認してしまいます。


読者の方にも一つお伝えしようと思いますが、クリスマスディスプレイで一番重要なのは、LEDライトのコード線が見えない事です。

ツリーやガーランドに練り込ますようにLEDコードを仕込んで行くと、プロフェッショナルがやったように見えてきますよ。




今年のクリスマスは、LEDコードを練り込ませた自家製クリスマスツリーを、大切な人と一緒になって作ってゆくのも、とても大切で、貴重な時間ではないでしょうか。







by flowersalonosamu | 2014-10-30 19:20 | flowersalonosamu | Comments(0)