人気ブログランキング |

誕生日や記念日の花を贈る人限定。好きな人との関係性のための難波なんばの花屋 flowersalonosamu。

uwattura.exblog.jp
ブログトップ

タグ:インフルエンザ ( 2 ) タグの人気記事

続、いつかこのインフルを思い出してきっと泣いてしまう。(後編)

b0344880_12042736.jpg



こんにちは、ふじいです。



今日は前回に引き続きのお話です。




うんと、どこまで行きましたでしょうか?(笑)




そうそう、アナ雪のエルサになってしまったおっさんは病院に駆け込みました。




ちょっと意識もうろうとなりつつある僕は、できるかぎりの声で「初めての受診です。なんか熱があるみたいで、異常な寒気と関節痛が・・・」

と、伝えました。


受付には2人の女性がいましたが、マスクを付けた若い感じの女性が小さな声でぼそっと言いました。「こちらのもんしろちょうにお書きください」

と。? へっ?もんしろちょう?


ダメだこりゃ。幻聴まで聞こえ出した。それとも三半規管が狂っているのか。完全にオカシイ。


もんしろちょうのようなまっ白な問診票を文字で埋め尽くすと、次は「お熱をはかりますね」と、体温計を渡されました。

今度はちゃんと聞こえました。「お・ね・つ・を・は・か・り・ま・す・」と。


体温をはかっている間、もう一人の僕ぐらいの歳の中年の受付の女性が心配そうに声をかけてくれました。

「大丈夫ですか?もしよろしければ奥のベットで休めますよ」と。

やさしい言葉。ありがたい。

しかし僕は休むわけにはいかないんだ。インフルエンザの疑いがあるが、インフルエンザになるわけにはいかない。と、心の中で思って「だいじょうぶです」とだけ言いました。





・・・・・・・ピピピッ。




体温計が鳴ると、体から抜き出して数字を確認。




結果は38度9分。おおっ、越えてはいけないライン一歩手前。

もともと平熱が低いのに、これは大変。と、人ごとのように思いました。



熱を確認した受付の女性は目の色が変わって、もう一度僕に言いました。


「しんどいようでしたら、ベットに横になれますので」



だいじょうぶです。とだけ僕は言いました。



ふと、なんで強制的に隔離しないんだろう。という疑問も浮かびました。違う病院では疑いがある場合はすぐさま別室に連れて行かれたのに。(その時はインフルではなかった)僕がマスクをしていたせいなのかもしれない。院内消毒の濃度が高いのか、それとも、病院によっていろんな基準が違うのだろうか。






看護婦さんに呼ばれるまでいろんなことが頭を巡りました。

とくに仕事のこと。ご注文をいただいているお客様をどう対処していくのか。

39℃の熱があるにも関わらず、意外と冷静に考えが整理されて行きました。



病院の時計を見ながら仕事のことに思いを巡らせていると、またもや受け付けの女性が僕に声をかけました。3回目です。

「だいじょうぶですか?」




「横になりますか?」


今度の二つの言葉の間には、かなりの時間がありました。


彼女は彼女なりに、やはり病院の受け付けではプロフェッショナルなのだ。

いままでに何百というインフルエンザになった患者を見てきたのだ。僕が「インフルダークサイド」に落ちているか、そうではないかなんて朝飯前なのかもしれない。



そうなんです。彼女の眼差しは賢者ヨーダのように、こう語っていました。


【 あなたの眼は、インフルダークサイドに完全に堕ちてます。これは避けられぬ運命なのです 】


と。


・・・・・・・・・。







看護婦さんに呼ばれて、お医者さんにインフルエンザ検査をしてもらうと、結果は案の定、陽性。


インフルエンザA型ですね。と診断されました。「今はB型が流行っているのですけど、当院ではひさしぶりのめずらしいA型です」と言われました。

愛想のいい、ニコニコ顔の男性の医師だったので、なんか福引に当たったうれしい感覚になりました(笑)





そして初めてのインフルエンザの薬。

「タミフル」という薬は数回に分けて吸引しないと効かないが、「イナビル」は1回の吸引でだいじょうぶなんですと言われました。

迷わず「イナビル」を選択しました。数回に分かれる国内旅行よりも、1回で現地だけに絞った海外旅行の方が楽です。



でもこのイナビルの吸引がちょっとむずかしい。

おもいっきり吸ってー!

3秒止めてー!

はい、吐いてー!

みたいな感じです。また、それを数回に分けて続けて行かないとダメみたいです。


やってる間、男なので関係ないですが、上の子供が生まれる時のことを懐かしく思い出しました。

あれです、あれ。ひー、ひー、ふっー! です。


ひー、ひー、フー。


ひーひーふー。






ふーーーーー。。。。。。





最後の吸引を終えると、看護婦さんに捨て台詞的なものを言われました。。。

「吸い込み、ちょっと弱かったですねー」って。







・・・・・・。



それからというもの、1週間近く、ベットに横になってました。


こんなに寝たのはまたしても初めて。

こんなに腰が痛いのも生まれて初めて。なんか生まれるんじゃないかと思うくらいの腰の痛さ。また違った意味での、ひーひーふーです。







ここで、ほんとに今回の僕の自己管理の甘さに対して、お客さま方に申し訳ない気持ちでいっぱいです。心からお詫び申し上げます。本当にすいませんでした。


残念ながらこちらからキャンセル依頼をさせていただいたお客様は、お一人だけに留めることができました。それがいいのか悪いのかは別として、その一人のお客様には大変不快な思いをさせてしまって、ほんとうにすいませんの一言しか言えません。


そして、ドタバタ劇の中、僕がいない間、いっしょうけんめいに働いてくれた当スタッフさんたちに感謝の気持ちでいっぱいです。ほんとにそう思ってます。みんながいなかったら本当に「終わりの始まり」でした。ありがとう。


みーさん、すーさん、まーさん、はーさん、これからもよろしくお願いします。

そして、新しく研修生として来てくれたみーちゃんもありがとう、また母の日ウィーク待ってますね。いっしょにお店に立てることが楽しみです。よろしく。









最後に。

今回の件でちょっと気付いたことがありました。




自宅のベットに横になってる間、夕方ぐらいになると小学生の姉妹らしき声が。


僕の部屋にも聞こえるぐらいのハッキリした声で、誰かに伝えているのです。


「ばいばいー!」

「おやすみー」

「ありがとう」





と。

それがなんと、3日連続でその感謝の言葉を伝えているのです。



聞くところによると、その小学生の姉妹のおかあさんは仕事で夜遅いらしい。



しかたがなく、近所にいるおばあちゃんのお家で夕食を食べているそうです。


ここでみなさん考えてください。ありえないですよね。


思いっきり身内のおばあちゃんにたいして、ずーっと、ずーっと言い続けているのです。


ばいばい、おやすみ、ありがとう。


3日連続ちゃんと言えているということは、3年間ぐらいずーっと言い続けているのではないでしょうか。それも身内に対して。



小学生の彼女たちに教わりました。普通の素直な気持ちで「ありがとう」を言い続けるということは難しいことでもなんでもないと。



ひねくれものの自分には、そんな簡単なことがすごく新鮮に見えてしまいます。



ありがとう。や、好きです。をなんか回りくどく、めんどくさく、複雑に考えてしまう僕自身。



そんな自分だからこそ、やっぱりこの花屋という職業になったのかもしれないと感じました。シンプルに伝えるのって大人になるほど難しく考えてしまいます。ほんとはカンタンなのに。

結果論ですが、なるべくしてなったインフルエンザ感染でした。いろんな気づきがあります。








それではみなさん、正直な気持ちで最後に伝えます。








ばいばい。

おやすみ。




ありがとう。





















































































by flowersalonosamu | 2016-03-23 16:44 | flowersalonosamu | Comments(0)

いつかこのインフルを思い出してきっと泣いてしまう。前編。

b0344880_18523770.jpg



こんにちはふじいです。


ひさしぶりの記事となります。

タイトルの通り、3月の前半にインフルエンザにかかってしまいました。



お店は仕方がなく4営業日の臨時休業となりました。

お店に足を運んでいただいたお客様、事前にご予約いただいてたお客様、本当にご迷惑かけてすいません。

この場をかりてお詫び申し上げます。






体調管理も仕事のうち。なはずなんですけど、できてませんでした。

ほんと自己管理ができていない自分に腹がたちます。

4営業日たったからといってお店に入ることもできず、感染力が弱まるまで、当スタッフさんたちが何とかお店を切り盛りしてくれました。

スタッフのみんな、ありがとう。感謝してます。







さてさて、そこで、インフル判定がでるまでの病院でのエピソードを。







その日は朝からひどい寒気と関節の痛み。風邪かな?

とは思ったもの、まさかのインフルだとは思いませんでした。

なぜなら、この年になるまで、1回もインフルエンザにかかったことがなかったからです。

僕らおっさんの世代は、それはそれは小学生のころにアホみたいに予防接種を打ちまくってました。その影響なのかは知りませんが、いままでインフエンザとはまったくと言っていいほど無関係でした。


でも寒い、寒すぎる。


体がこんなにブルブル震えるのは初めてです。

いちおう、なんばの駐車場に車を止めて。お店まで自転車で向かいました。


手袋をしているのに、手が寒い、冷たい、痛いぐらい。


我慢しきれず、自転車をおりて、てぶくろをはずしました。



3月の北風に吹かれた自分の手は、まるで誰かさんの手を付け替えられたような変な感覚に陥りました。


それくらい手が冷たく氷で出来てるようでした。


ふと、なぜだかわからないですが、アナと雪の女王の「エルサ」が脳裏をよぎりました。

もしかしたら氷ビーム出るかな?


と、冗談交じりな考えに陥りました。

もうその頃には高熱があったのでしょう。もう冷静な判断ができなくなってます。


カチカチに冷えた右手を、2回ほど振ってみましたが、氷のお城どころか、雪の結晶すら出来ません。

あたりまえですよね(笑)

ただ冷たいだけ。永遠の冷たさ。ってこんな感じなんだなぁーとも思います。





お店についたらすぐ臨時休業にしよう!

と思いました。花屋のふじいは花を売れるけど、エルサは花を売れない。などと、変な言い訳を考えていました。やっぱり高熱があったんだったと思います。





お店に着くと、ミミズが走ったような殴り書きでの臨時休業のお知らせ紙と、ウェブサイトの臨時休業を打ち込みました。スタッフさんにも休むように指示しました。


それからすぐさま病院へと向かったのです。





・・・・。





今日はすいません。ここまでにさせていただきます。

其の2へ続く。。。


「いつかこのインフルを思い出して泣いてしまう。後編。」をご期待ください。




それでは。さよなら、さよなら、さよなら。































by flowersalonosamu | 2016-03-22 20:08 | flowersalonosamu | Comments(0)