人気ブログランキング |

誕生日や記念日の花を贈る人限定。好きな人との関係性のための難波なんばの花屋 flowersalonosamu。

uwattura.exblog.jp
ブログトップ

素直なきもちの、男性の想い。

b0344880_14483548.jpg



こんにちは、まーさんから続きましての、
お顔通りの、「気さくで、明るくて、話しやすくて、誰も言わないから自分でいうなのイケメンでイケメンでイケメンな」店長のふじいです。


ということで、最近、当店ウェブサイトにいただいたお客さまの言葉から、本日のお話をさせていただきます。





こんな口コミ言葉をいただきました。


タイトル「彼女との記念日で花束を作っていただきました」 

「 付き合って1年の記念日に花束を買いました。
告白したときも花束を作って頂いて告白が上手く行ったので今年も作って頂きました!しかも去年もお願いしたのを覚えて下さっていてとても嬉しかったです!
来年もまたお願いしようと思います!
男性であまり自分の気持ちを伝えるのが苦手な人、愛を伝えるのに花束を是非渡して欲しいと思います! 」



という感じでうれしい言葉がならんでいました。

うれし過ぎたのでこんな返信をさせていただきました。


『 貴重な口コミ投稿ありがとうございます。感動しました。

「自分のきもちを伝えるのが苦手な方」そんなこころやさしい人のために、大げさでありますがこのお花のサプライズがあるのではと本当に想ってしまう今日この頃です。

おこがましくもここでみなさんに一つだけ話を聞いてほしいのですが、女の子の気持ちを代弁すると、女性の方々は常に「待っている」状態です。言い換えれば許可を与えることをほしがってます。

現状はライオンみたいな肉食女性なんて10人に1人もいません。ここ日本ですから(笑)

ということは、男性のほうがちょっとでも待ってしまうと、お互い待ってしまう変な状態が生まれてしまいます。その状態は何処へ辿り着かないし何処へも行けません(笑) だからリードしてあげましょう。

ちょっと思い出しましたけど、だれか歴史上の偉い人が「求めよ!さらば与えん!」って言っていたことが頭をよぎりました。人との関係性においてもこの言葉がピッタリはまるような気がします。特に男性は肝に銘じることをおすすめします。

今回の口コミ投稿していただいたお客様の男性につづき、みなさんも自分のタイプのかわいい人をGetしてください。応援してます。』




という感じで、「なに言っているのか、ちょっとわかんない?」ブログになりましたが、すごく簡潔にまとめると、「早く言ったほうがいいよ」ということです。


僕も10代20代の時には、「この子のこと好きなんだろうか?」とか「好きかもしれない」とか「かわいいかなぁ」とかの小説的めんどくさい遠回り野郎でしたけれども、おっさんになるにつれてそんなことどうでもよくなってきました(笑)

素直に、その女性の素敵なところを好きになることが、男性のきもち、もしくは自分のきもちの「誠実」さなのではないでしょうか。

























# by flowersalonosamu | 2017-06-05 15:26 | お花を贈る時に、聞きたいこと。 | Comments(0)

素直な気持ちの女性のきもち

b0344880_17513358.jpg



とっても、お久しぶりです。まーです。


一番最初のブログにも書かせていただいたのですが
当店は、男性客さまのご来店が多いお花屋さんです。

愛の告白、記念日、プロポーズ、結婚記念日。きっと他にもあるのかな。。

みなさまは、入念にお花屋さんをリサーチしてからご来店頂いているご様子です。
やはり、店長=男で、HPの顔写真効果でしょうか、隠せる商品サイズでしょうか。

お顔通りの気さくで、明るくて、本当に話しやすい人です。ご安心下さいませ。

男の人って、お花やさんに入るの恥ずかしいんですよね。
実は、お花をプレゼントされた瞬間の女性も、恥ずかしいんですよ。照れくさくって。
でも、でもやっぱり、嬉しい。

 ”私の為に”  女性は弱いです。嬉しいです。

ちなみに女性も照れてしまうので、渡すシチュエーションは二人きりの時でしょうか。
(個人差あります(笑))
小さくて、持ち帰りに負担にならないサイズを彼女さんの為に考えるの大切かなと。

<「素直にあいしてる」が言えない男性さま。「素直にあいしてる」待ってますよ。きっと。



どうぞ、気軽に当店にご来店ください。お待ちしております(*^_^*)

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。  まー。







# by flowersalonosamu | 2017-06-03 11:40 | まーさんのお花屋さん日記 | Comments(0)

今度は、最近の flowersalon osamu は、枯れないお花たちのキラキラ宝石箱や~!です。

b0344880_18073089.jpg





こんにちはふじいです。


今日はタイトル名だけ書いて、あとはスーさんに任せとこうとするズルイ考えでいきます。みなさんごめんなさい。


それでは。






こんにちわ


店長にかわりまして

キラキラ宝石箱たちのご紹介させていただきますねー


すーです☺


お値段は
✿3,240(税込み)



とりあえず

サクッと



ひととおりのラインナップ
ご覧ください♪





初めのブルーのプリザ 
   ↑
ブルーリトルシー





ピンクピーチ
   ↓
b0344880_18064589.jpg




レッドクランベリー
   ↓
b0344880_18065832.jpg




オレンジココナッツ
   ↓
b0344880_18063107.jpg




ファンタスティックグレープ
   ↓
b0344880_18071642.jpg




どうでしょうか
ネーミング!

(笑)


彦麻呂店長が一生懸命考えました



もぎたて果実のようなプリザ達




ガラスごしにもプリザが


キラキラ、ちらり

キラキラ、ちらり



宝石フルーツたちがお部屋にあれば華やぎそうです






プレゼントしたい相手の方に
もっと素敵なきらめきを☺♪



ではでは


本日もお疲れさまでした





# by flowersalonosamu | 2017-06-02 17:04 | ☆商品メニュー | Comments(0)

最近のフラワーサロンOSAMUはお花のわくわくパラダイスや~!!←藤井店長、本日の格言☆★

シンプルにバラだけ


花束のスマートな印象とはまた違う感じです


まあるくアレンジメント


11本の赤いバラ
「最愛」
  ↓
b0344880_18370708.jpg



12本の赤いバラで「12の誓い」も
ご注文可能です☺
b0344880_18363235.jpg




12本のピンクバラ「12の誓い」
  ↓
b0344880_18365010.jpg



※11本のピンクバラで「最愛」も
ご注文可能です☺
b0344880_18372289.jpg




こんにちわ

すーです




リッチ感も
かわいらしさも
ばっちりです☺


国産のばら

力は絶大です♪



ではでは


本日もお疲れ様です。


また☺







# by flowersalonosamu | 2017-05-27 20:08 | ☆商品メニュー | Comments(0)

急げ、親孝行! 2017年5月14日にちようび。母の日ですよ

b0344880_16263654.jpg


↓ 枯れないお花プリザーブドフラワー 

b0344880_11114813.jpg


b0344880_11100498.jpg


b0344880_11105378.jpg




↓ こちらは生花のフラワーアレンジメント


b0344880_11120369.jpg








こんにちはふじいです。

おひさしぶりです。

きょうは、今月のイベントである母の日に向けての商品メニューをご紹介させていただきます。

ちょっとでも興味のある方は見てください。




さてさて、

というわけで、


本日も「母の日」のテーマで攻めます。

今日は、母の日にくわえて、『息子がおもう母の日』について語りたいと思います。


とっても言いたくはないのですけど、正直に言います。



僕(息子)の立場からして、毎年来る「母の日」は花屋という職業がら、仕事が重要なだけで、正直自分のおかんはいまさらどうでもいい・・・。と思ってしまってます。


しかしながらこの言葉を聞いたら、うちのおかんは悲しむだろうなぁとも考えてしまいます。


10段階でいうならば、10がとっても大切なおかんと思うできた息子で、1が自分のことしか考えないとんでもないどら息子だとしたら。


たぶん、ぼくは、3ぐらいだと思います。


あまり、できた息子ではありません。



じゃ、なぜ、1、とか2、とかにしないのか?とたずねられたら、


それはそれは・・・。息子特有のアレです。

「おれのオカンだけが・・・」という気持ちです。


10段階の、8,9,10の良くできた息子のプレゼントのはなしを聞いたり、見たり、微笑ましいエピソードを聞くと、

なんで?おれのオカンだけがもらってないやんけ!となるからです。実際に絵にかいたようなできた息子たちが当店に来店してお買い上げいただきます。


あげてないから、もらってないというのはあたりまえなのですけど。とてつもない自己嫌悪に陥ってしまいます。



だから、どうでもいいと思いながら、プレゼントは毎年贈ってしまいます(笑)


息子と違って、娘さんって、おかあさんと仲良しだし、日ごろから交流もあるからなんか意思の疎通もちゃんとできてるみたいで、うらやましいです。



ぼくら息子たちはホント鈍感な部分がたくさんありすぎです。


いつまでたっても「おかんは不死身」とさえ思ってしまいます。

40歳を過ぎたおっさんになった今でも、中2のときの感情とあまり変わりがないです。


相手が「不死身」だから、言葉もあまり選んでいません。冗談を通り越したきつい一言も親なのに言ってしまいます。



何年か前に、ひさしぶりにオカンの手料理を食べたのですけど、あまりの不味さにひどいことを言ってしまいました。


皿をもちながら・・「ちょっと、ネコにあげてくるわ・・」って・・・。



ほんと,最低ですね。ひどい人間です。だから末っ子って甘やかされて育ってきた、とも周りから言われてしまいます。



でも、そんなきつい冗談でもくやしがりながらオカンは笑ってくれます。


そして僕は安心するのです。やっぱりオカンは不死身だと。


これって僕は甘えているのでしょうか?


・・・そう思われてもかまいません。


・・・



永遠の「不死身」なんてないことは、心のどこかですでにわかっているのです。

それをごまかしているような気がします。


だから自分の母親だけは「不死身」だと思い込むジレンマとなぜか戦ってしまいます。




息子ってこういうところがほんと不器用だなぁと思ってしまいます。女性の方々に教わらないといけないです。




こころは持ちよう。


そんなちょっとまずい料理も、ネコになった気持ちで食べてみると、まあまあおいしいものです(笑)


みなさんはお母さんにやさしくしてあげてください。


間違っても、お母さんの手料理をけなしてはいけないです。(そのまえにおいしいか・・)


どんな息子、どんな子供でも、母の日の後、必ず、あなたのおかあさんはあなたを自慢してます。


ですから、あの母の日というものは、『母親視点』からみれば、自分の子供の自慢大会なのです。





なぜなら、


こんなひどいことを言う僕でも自慢しているらしいからです。

















































# by flowersalonosamu | 2017-05-07 11:19 | ☆商品メニュー | Comments(0)