人気ブログランキング |

誕生日や記念日の花を贈る人限定。好きな人との関係性のための難波なんばの花屋 flowersalonosamu。

uwattura.exblog.jp
ブログトップ

ブラックジャックはおもしろい

b0344880_14430276.jpg



ここでブラックジャックというマンガについて簡単に説明します。


手塚治虫さんの代表作で1973年からの連載です。ブラックジャックという天才外科医がとてつもなく法外な手術料を提示してありとあらゆる病気や怪我、そして難病にいたるまで、その神の技術ともいえる腕で悪人から善人。そして貧しい者から超金持ちまでも、どんな困難な状況であろうとベストを尽くしてゆくというストーリーとなってます。

主人公のブラックジャックは神の手を持ちながら、その技術に反して医師免許を持ってません。いわゆる無免許医です。


子供の頃に恐れながら読んだ覚えがあって、ここ最近読みなおしてもやはりおもしろいです。

病気の話が中心でシリアスなストーリー展開なのですが、そこには生と死が入り混じり、人の感情が読み手にたいしてダイレクトに伝わってきます。


僕は花屋なので生と死などの現場に居合わせることなどないのですが、人の想いに関してはある程度の経験があります。

フラワーギフトを贈るとき、友だちだけど、とても大事な人。友達以上になりたい人。もうすぐ恋人になりそうな人。恋に落ちて記念日を迎えるひと。いつまでもそばにいて欲しいとプロポーズするひと。出産をした奥様をねぎらうひと。悪かったとパートナーにあやまるひと。数々のストーリーが花屋の店頭では飛び交ってます。
ストーリーは数多くあるし、人によってそれぞれ違う感情をもちあわせているので、その色彩は何万通りあるのかわかりません。

ひとついえることは、お花を贈ろうとする方々はけっこう真面目な気持ちで、贈るあなたに対して恥ずかしながらでも気持ちを伝えているのです。
その時期にはないのに、彼女の好きな花を一生懸命さがすかた。花言葉で検索してベストなフレーズを選ぶ人。(その花も大概ない時が多いです)

そんな探し求める人にたいして、僕が「ないですねー。」というと彼らは世界が曇ったようなけげんな表情をします。空は晴れてますよ。と言いたいくらいに。

そして僕は僕自身に対して不甲斐なさを感じます。ないものはしょうがないけれども、代用のお花や色彩をやんわりとおすすめしますが、お帰りになる人の肩を落とした後ろ姿はこちらの心まで憂鬱になります。


手塚治虫氏が描くブラックジャックは医療のシーンが多いのはあたりまえなのですが、その裏には人と人との感情や想いが交差する激しい描写が鋭く表現されています。

手塚さんが描くマンガのキャラクターのように、すこしでもやさしい気持ちで人の心を感じとれることができたらなと思う今日このごろです。

# by flowersalonosamu | 2014-08-22 16:42 | 心をこめて | Comments(0)

まずは、花屋さんをやっていこうと思ったきっかけを。


b0344880_18534408.jpg


flowersalonosamu誕生のepisode 1 


「なぜ花屋さんになったんですか?」と聞かれることがあります。

僕のまわりの同業の方々は「親がしてたから」とか「キレイそうだから」とかで、なるほどなと思うような結構まともな答えを返してきます。
僕はというと取っ掛りは不順で「もうかりそうだから」とか「他の仕事よりらくそうだから」とかで、理由からすれば本当にもう人としてはもうダメダメなラインで、なんともいいがたいような、たよりのないスタートでした。
時代はバブル経済末期。そんな時代に似た薄っぺらな小さい泡のような一人でした。
高校卒業後大学にも行けず、そんなふわふわした泡人間でもこの仕事についてから7年ほどがたち、お客さんが喜んでくれる「コツ」みたいなものがわかってきたころです。プライベートでも結婚して子供も生まれ、他人から見れば本当にごくあたりまえの普通の家庭をすごしていました。

自分が一人前になったような気がしたそんな頃に今でも忘れられない出来事が起きました。

注文用途は「お悔やみ」のフラワーギフト。お亡くなりになられた奥様のご主人様宛への配達です。その時はまだ「雇われ」でしたが、当日はスタッフがおらず繁忙期だったのでデザインから配達まですべてを一人でやりました。

インターホンを押すと初老のおじいさんが出迎えてくれ、送り主様を伝えるとその顔のシワの数を倍にするような笑顔で応えてくれました。そしてお届けのフラワーギフトを指示された場所に置くように言われました。
おじいさんは亡くなられた奥様共々よっぽど送り主様とつきあいが深いのでしょうか、配達人の僕をまるで注文主のようにあつかいだし、やれお茶だの、お菓子だのと、大切にもてなしだしました。

僕は内心、お年寄りの方の長話になりそうかなと思いながら聞いていました。5分ほど過ぎてやがて話しは奥様のことに移ってゆき、そろそろ停めてある車の駐禁が気になり始めた頃です。

・・・なぜか沈黙。

そして、そのくしゃくしゃの目には涙があふれていました。

そのうつろな眼はかつての婦人のすがたをおもい浮かべているようです。

初めてです。
ひとがそれほどまでに、がまん強く泣いているのを見たのは。
そう見えたのも彼の年齢が僕の3倍ほどあるからなのかもしれません。口ではわらっているのに泣いているのです。

なにも言えませんでした。
言えるはずがありません。



僕がこり固まってしまったのに気づき、夢から覚めたようにおじいさんはやさしく言いました。
「すまないね。初対面のひとに」とお辞儀をしました。


受け取りのサインをもらったあと、車の無事を確認してからもどうしてもあの涙を忘れることができませんでした。
そしてあるひとつの答えを導きました。

「理屈なんてない。ただ泣いていた」

人がひとに想う気持ち。理屈をつけることなどイロイロできます。しかしそれらはすべて後づけなのではないでしょうか。
人によっては逆に、いやな部分がたくさんあるのに、なぜかその人が好きという不思議なそして矛盾極まりない愛情というものもたくさんあるくらいです。
人への思いだけじゃなく、季節や時間、色や香り、形や場所。かぞえきれない程の好きなものは初めから決まっているかもしれません。すべてはすでに自分の中で答えは出ているはずです。

この花が好き。このお店がいい。このひとのそばにいたい。
理屈では通らない何か。言葉で表現できないこと。そんなことをこのやさしくも老いた心に学ばせていただきました。
後にも先にも花屋をして25年間でお客さんに泣かれたのはこれ1回のみです。そしてそれが僕が花屋になることを決意させた出来事だったのです。

初対面の人に泣かれるなんて、プライベートでもないです。後にも先にも。
僕の中の上っ面がちょびっとはがれた気がしました。それくらい印象深かったです。


話しは長くなりましたが、人の岐路というものは些細な出会いで変わってきます。
あのおじいさんがいなければ僕の職種も変わっていたかもしれません。あなたもこのサイトに飛ぶことはなかったでしょう。そんなものですよね。いろんなことは。

この話をさせていただいたのは、この7月より新しいスタッフさんを雇用したときに質問されたからです。「店長はなぜ花屋になったんですか?」と。その時は簡潔に「適当に仕事してたらじいさん泣かれて感動した」とまるでなんとか総理のように答えたのですが、あらためてまとめてみるとなんとも考えさせるできごとです。
僕も年をかさねてきたのでしょうか、この頃はなにかにつけてぐっと湧き上がる感情が多くなってきたようにおもいます。
このサイトに訪れて来た方はいかがでしょうか。なんとも言えない感情が多いほど、幸福感が増すのではないでしょうか。



# by flowersalonosamu | 2014-08-18 19:32 | flowersalonosamu | Comments(0)

上っ面な人間なので、いま、心をこめて。

b0344880_12031283.jpg


ってな感じで、イキってるマンガでスタートさせていただきました。

はじめましてよろしくお願いします。大阪のなんば駅のすぐ近くで花屋をやっているものです。店名は flowersalonosamu という名前です。

まあ、このマンガのように4コマで自分を表すとしたら、「こんな感じかな?」と思い作ってみました。

なかなかブログというものは初めての体験ということもあり、半ばソワソワ感があり、その反面ワクワク感もあります。

そして、つとめて初めてのことには、自分なりのルールを1つぐらいは作らないといけないんじゃないかと思ったり。

いろいろ悩んだあげく、やはり正直に書く。ということにします。ブログタイトルには少しばかり反してますが、自分の素直な気持ちを少しずつでも読者に伝えられたなら、花屋をやっている人ってこんな考えもしてるんだな。とか、へーそんなこともあるんだ。など少しでも誰かの役にたったらいいなと思います。

正直に書いているのに読んでいるいるうちに「イラッ」ってくるときもあると思います。そこはあなたの中のマザー・テレサでゆるしてください。タイトル通り僕の基本ベースは「上っ面の生き方」です。かくしようがないです。あなたの中の本質、もしくは心の底、にありのままの僕の想いが少しでも触れたとき、下にある「いいね!」ボタンを28回ぐらい連続クリックしてください。僕はそれだけで幸せです。あなたの中の幸せと同じように。

いいね!



# by flowersalonosamu | 2014-08-16 13:18 | flowersalonosamu | Comments(0)