人気ブログランキング |

誕生日や記念日の花を贈る人限定。好きな人との関係性のための難波なんばの花屋 flowersalonosamu。

uwattura.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

店長~の生い立ち。その②

b0344880_15381068.jpeg


1985年の初冬、中学3年の時に父が病気で死にました。肝臓の病気でした。


僕は高校受験を控えていましたが、「そんなの関係ないよ」という感じに家族の死はひっそりとやってきました。

誰もが感じると思いますが、身内の死というものは一つの転換点のような気がします。

いろんなものが変わって行きます。

今まで見ていた景色や、友だち関係とかも。



そんな中、気がつくと僕のまわりにいてる友達は、片親の人たちが多かった気がします。

「類は友を呼ぶ」とはこんな感じなのでしょうか。

それとも
市営団地だから片親が多いのか、片親だから市営団地なのかはわからないですが、大人になって初めてその状況が、それなりにわかってきたような気がします。
まるで、「卵が先か、ニワトリが先か?」のように考えさせられました(苦笑い)





というわけで、なにかと大変で悲惨でしたが、それ以上に大変で悲惨な人なんて世の中にはたくさんいることを僕は知っていましたし、
くよくよしたって仕方がないと思い、それなりに毎日を楽しく過ごすようにしました。

その当時、父が死んで、けっこう大変な状況でありながらも、人って思ったよりも笑えたりもするんです。

親父が死んだその日の夜に、当時放送していた「オレたち、ひょうきん族」なんか観て、自分が大笑いできたことを今でも強く印象に残ってます。





それから4年後ぐらいに、花屋さんのアルバイト面接に向かいます。

一冊のアルバイト情報誌。でもその「フロム・エー」は半年前に発売されたものでした。友だちの家で無造作にホコリが被っていたものです。むっちゃ適当な感じで、もう募集はしてないだろう・・・。と思いきや、電話をすると面接に来いというではありませんか。

ありがたいことに、その当時の花屋の店長が採用してくれました。



月日は流れ・・・。

26年後ぐらいの今日に、この記事を書いています。
読んでいただいている人がいてくれることを想像すると、適当な感じでバイトの面接を受けたことが、結果的にはよかったな。と思ってしまいます。

お客さんと楽しく会話ができて、しょっちゅう「ありがとう」という言葉もいただいています。そんな職業ってそんなにありませんよね。ほんと「うれしい」の一言です。



ということで、なんだかよくわからない僕の生い立ちとなりました。いろいろ細かいところまで、読んでいただいてありがとうございます。あなたと難波で会える日をたのしみにしております。




店長 藤井オサム

by flowersalonosamu | 2016-10-21 19:01 | flowersalonosamu | Comments(10)

店長~の自己紹介と生い立ち。

b0344880_15374827.jpeg



こんにちは。花屋の店長をしている藤井オサムです。

今日は突然ながら自己紹介をさせていただきます。スマホでタップしてくれたかた、ありがとうございます。


大阪万博開催の1970年生まれ。大阪生まれの大阪育ち。現在は大阪府吹田市の江坂の近くに家族4人で暮らしています。

現在の家族構成は、中学生の子ども一人と、高校生の子ども一人と、鬼魔女のか・わ・い・い・かもしれない嫁です(笑)(震)


生まれた所は、大阪市東淀川区井高野という所です。知っている方は少ないかもしれもせんが。
東淀川区井高野の今はいろいろと近代化しています。しかし40年ほど昔は本当になんにもなくて、市バスの車庫と、安威川と、神崎川と、フナと、鯉と、モロコと、ブルーギルと、たくさん建設された市営住宅だけでした。

そんなドングリの背比べ的な市営住宅で育った僕は、よく神崎川に釣りに行きました。鉄工所勤めの父親に連れられて釣りに行ったのを皮切りに、魚のことをよく知っている友達とも頻繁に川に遊びに行ったことを記憶しています。

そういった川遊びの中で、自然の美しさや生き物の面白さを知りました。

水面に写る太陽光のキラキラ感や、雨にぬれた草の匂い。淡水魚の引きの強さや、亀の気持ち悪さや、魚のえさの生臭さなどに好奇心をかりたてられました。正直に言うと、子どもの頃は『花』に対して興味はまったくなかったです。


でも逆に花に対して意味不明な行為をしたことも、今でもよく覚えています。

市営住宅のそばで「赤いバラ」が一輪だけ綺麗に咲いていたのですが、なにを血迷ったのかハサミでそのバラを切り取り、近所のおばさんに「これどうぞ!」って、プレゼントしたのです(汗)昭和50年代のおばはんと小学生との『美女と野獣』の完成です。

そうすると、おばさんは普段あんまり出さない高い声で「きゃー❤ありがとうオサム君」「おばちゃんうれしいわぁ!」
と、漫才師の中川家みたいなオーバーリアクションで応えてくれました。

それが初めてにんげんにあげた僕のお花プレゼントです。ちょっと変わってますよね。

へぇ~女の人って、花をもらったら嬉しいんだ。と、ちょっと照れながら素直に感じた懐かしい小学生の想い出です。

だからと言って、みんなにおすすめしている訳ではありません。近所の知り合いのおばさんに花をあげても、なにも見返りはないので(笑)(珍しい甲高い声は聞けますが・・)みなさんはちゃんと好きな人に花をあげてくださいね。

話が長くなりそうなので次回(一週間後予定)に残りの半分を書かさせていただきます。後は箇条書きにして僕のプロフィールを書かせていただきます。

ここまで読んでいただいてありがとうございます。


 藤井 オサム のプロフィール

趣味。 合気道、ギター、お風呂、おピアノ、お猫(でもネコ飼ってません)

経歴。 花屋歴26年。人間歴5年。

好きな人。 村上春樹。苫米地秀人。手塚治虫。ダウンタウン浜ちゃん。じゃりん子チエ。「せつ子、これおはじきやろ、ドロップちゃうやんか」の兄ちゃん。はだしのゲン。久石譲。浜田省吾。尾崎豊。モーツァルト。ラヴェル。マットデイモン。ジョディーフォスター。エマワトソン。






















by flowersalonosamu | 2016-10-06 16:59 | flowersalonosamu | Comments(0)