人気ブログランキング |

誕生日や記念日の花を贈る人限定。好きな人との関係性のための難波なんばの花屋 flowersalonosamu。

uwattura.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

株式会社ヘッズの暮松CEOさんと、東証一部上場企業と取引してる戦略アドバイザーの佐藤さんが「小さな花屋」に取材に来てくれました!

b0344880_14501172.jpeg



こんにちは、ふじいです。


そうなんです。

場違いな感じもしましたが、2人に挟まれて記念撮影もさせていただきました。



いやー、、、ほんとにうれしかったです。


でもほんとに、うちみたいな弱小花屋に取材に来てくれて幸せです。

株式会社ヘッズさんの「繁盛店の法則」みたいな会誌に載るみたいなんですが・・・。そもそも当店が繁盛しているとも思わないんですが・・・。


まぁ、他の方から「繁盛しているように」見えるだけで僕は幸せです。



暮松さん、前回を含めて2回もお店にきていただきありがとうございます。

佐藤さん、そんな偉い先生とは知らずに僕が(笑)の方向へと持っていったことをお許しください。


そうなんです。

今年に入ってからいろんな方と出逢うことが多くなりました。

そして、

いろんな方がお店に入ってきてくれます。

それもこれも、すべて、たむけんさんが来てくれてからのような気がします。ありがとう、たむけんさん!


と思ったら・・・。もう一度たむけんさんと店の前で会うことができました。ロケ中にかかわらず、憶えていてくれてご挨拶できました。


で、誰とロケしてるんだろ?っておもったら、びっくり仰天!


もうちょっとで店内に入ってくれたのに~・・・ザンネン!。という動画です。


↓ 




































by flowersalonosamu | 2016-09-30 13:35 | flowersalonosamu | Comments(0)

KTC中央学院高校の【 JK 】さんが職業見学(?)に来てくれました!

b0344880_17010003.jpg


こんにちは、ふじいです。

自分の子供と同じぐらいの年齢の高校生さんが、お花屋である僕の話を聞きに来てくれました。

→ KTC中央学院のflower-osamuの記事

小一時間ぐらいのコミュニケーションでしたが、楽しく過ごすことができて、花屋おっさんはうれしかったです。



その話をしている短い時間の中で、JKさんたちの横をすりぬけるようにして、お客さんが2人来店しました。

JKさんたちをとりあえず店外に移動してもらって(お店狭いので)、接客をさせてもらいました。

2人とも男性のお客さんです。


1人は奥様への誕生日プレゼント、もう1人は彼女へのサプライズ記念日だったかな?


その男性客さんとのやりとりを見ていたJKさんたちは、眼をまんまるにしてとても感動してました。

「うわー、いいなぁー」みたいなことを口を揃えて言いました。


接客が終わってから、「もらったらうれしいですか?」と、僕が質問すると、


「むっちゃうれしいです!」とみんなそろって「うんうん」と同調しながら2回ほど相槌を打ってくれました。





彼女たちは若いので、お花をあんまりもらった経験がないのでしょうか、ほんとにどこかのプリンセスのようにキラキラ瞳になってました。


男性のみなさま、ここ、ポイントだと思います。

JKの彼女たちと話してみてわかったことの三つのポイント。


① 「お花」って、彼女たちにとっては得体のしれない魅力があり、女性の心を「ときめかせる」ことができる。

② 若ければ若いほど、もしくは貰ったことがなければないほど、効果は抜群。

③ 40代のおっさんでも、10代20代の女性を、花を使って「口説く」ことが可能。





まぁ、3番目は冗談ですけど(笑)、お花の美しさに見とれて感激している彼女たちのすがたを見ると、案外0%でもないようにも思えてきます(笑)




若い人たちと話をするとホントに楽しいです。

やっぱり彼女たちは未来ばっかり見てます。


過去がどうだったとか、昔はあんなふうだったとか、の僕とは比べ物にならないくらい心がみずみずしく、透明に見えるのは僕だけなのでしょうか。






今日もたわいのない文章を読んでいただいてありがとうございます。




おやすみなさい。
































by flowersalonosamu | 2016-09-23 13:41 | flowersalonosamu | Comments(0)

「泣きっ面にハチ」なんて回避。flower-osamuの【 返金返品保証サービス 】


b0344880_17155596.jpg




「泣きっ面にハチ」を回避。flower-osamuの返金返品保証サービス。


・送別会に用意した花束なのに、当の本人(主役)が病欠になってしまった時などの「なんでやねん」アクシデント。(祝ってあげたい方へのざんねんな不可抗力)

・大好きな彼女にサプライズなのに、彼女が急病で寝込んでしまった。(まじめな彼女の気になる不可抗力)

・大好きな彼女のサプライズなのに、俺自身が寝込んでしまった。(お客様の「今そこにある危機」に対しての不可抗力)

・その他、「天変地異」による不可抗力。たとえば記録的台風、大地震などで電車が止まって、難波まで来れない時。または、難波駅暴動、さらにはエイリアン来襲などの有事のさいも、返金返品保証を、店長【藤井 治】の僕が責任をもってさせていただきます。




b0344880_17154827.jpg




変更が分かった時点での早めのご連絡お願いします。すぐに商品制作をストップします。

もし商品をすでに受け取ってしまった方は、「生花」の場合は受け取った日を含む、2営業日以内の返品をしてください。「プリザーブドフラワー」は7営業日以内にご返品ください。(どちらとも破損していない綺麗なじょうたいでの、タバコの臭いなどがついていないものに限る)(胡蝶蘭、スタンド花、観葉植物などは申し訳ありませんができません)
当店お買い上げ「レシート」と「商品」を持参していただければ、原則お振込にてご返金させていただきます。(振込手数料や当店までの配送料などはお客様負担になります)

このサービスをなぜ始めたのかと言うと、かつて店長の僕自身もインフルエンザになってしまったことがあり、お客様ご注文の予約を一回だけお断り(キャンセル)したことがありました。体調管理ができていない自分にも腹が立ち、その時はお客さんに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。それが正直な理由です。

ちゃんとした誠実なご注文をいただいたお客様に対して、そんなんお金とられへんわ。というのも店長である僕の想いです。生身のにんげんなのでお互いさまという気持ちもあります。

とりあえず真面目にお花を用意したのに、突然の不可抗力などにお客様が遭遇した場合などは、早急に電話かメールをいただけたらご相談に応じますので遠慮なさらないでご連絡ください。



b0344880_17153307.jpg


flowersalon osamu 店長 藤井 治  でんわ 06-6647-0187 メール →メールフォームより送信してください。


















by flowersalonosamu | 2016-09-21 17:23 | flowersalonosamu | Comments(0)