人気ブログランキング |

誕生日や記念日の花を贈る人限定。好きな人との関係性のための難波なんばの花屋 flowersalonosamu。

uwattura.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

赤いばら。バラ。Rose。好きな女性を彩るには必須のアイテム。

b0344880_18553581.jpg



こんにちは。ふじいです。

今日は赤いバラのご案内。

flowersalonosamuは日本産を使用。

そのなかでもいい物を選択してます。


いろいろ悩んで選んだ挙句、現在は【山形県、安彦園芸】生産のサムライsamuraiを常時そろえております。

ない時は【三重県、伊勢】産のサムライを選んでいます。

両社とも文句のつけようがないです。


花関係のバイヤーさんなら誰もが知っているはずです。


わかりにくい読者様にはわかりやすく。

お米で言うと、魚沼産、コシヒカリ、みたいな感じです。


作っている生産者さんの努力がみごとに反映されています。

自分の彼女や奥さま、もしくは理想とする女性を意識して育てているような気がします。


きれいに作れない夏場期間なんかは、生産を一時ストップしたりします。スープにこだわりがある流行ってるラーメン屋みたいな。
その期間がとてもつらいです。



人の想いや技術もありますが、一言でいえば、それは【水】なのではないでしょうか。

植物はすべては水で決まるといっても過言ではないはず。

水がいのちです。


清らかで純粋な水で育てられた、Samurai の赤いばらで、あなたの誠実な気持ちを真摯に伝えてください。



本日もありがとうございます。


月末のあわただしさの業務、お仕事おつかれさまでした。


次回も赤いばらについてその2をお伝えします。


おやすみなさい。












by flowersalonosamu | 2015-09-28 19:38 | ☆商品メニュー | Comments(0)

”すー”のプロフィール★花屋になる現在までのちょっとした経歴☆

b0344880_15510338.jpg



こんにちわ
すーです♪
上のへっぴり腰の後ろ姿が私です(笑)

先日の店長のブログにのっかり
わたしも改めまして、自己紹介を...(^u^)

1987年生まれ
うさぎ年 しし座 
大阪府出身、在住です。

短大を卒業後、電材の卸売商社に入社。6年1カ月で退社。
フラワーサロンオサムではたらきはじめる
現在は派遣OL、休日花屋


以前から趣味で習っていた
お花を仕事にしたいと思い、会社をやめ、アルバイト生活
収入の波にあたふた
普段の出費 納税 スクール代 
途中ぶっ飛びそうになりました(笑)


好きなことだけを続けるのは
なかなかむずかしいなぁと実感しました


親にもいろいろ心配をされてしまい
自分も生活と気持ちの幅は狭めたくなくて

考えた結果
平日派遣、休日花屋
のライフスタイルに。

つい最近の話なので
どうなっていくのかドキドキです



今ではお店にこれる日数が限られてしまうのですが
それでも、好きなお花に携わることができ、
私のこれる時に働かせてもらえるのは
とてもありがたいことだと感じています

なので
その働けている時間はもちろん
ご来店頂けて
お客様とお会いできるチャンスも
大事にしたいと思っています。
当店のこのブログもご覧いただきまして
ありがとうございます
フラワーサロンオサムの一員として
これからもたくさんの
人や出来事との出会いが楽しみです







多少の変化がありつつも
軸はブレないように
あと
感謝の気持ちは常に忘れないように
今後の人生を進んでいきたいです



書いてるうちに個人的なお話で
長々となってしまいました


本日もありがとうございます

では、今日は以上で終わりです(^v^)
お疲れさまです















by flowersalonosamu | 2015-09-26 19:02 | すーちゃんのお花屋さん日記 | Comments(0)

花屋の人。ふじい おさむ のプロフィール。ちゃんとした。

b0344880_16274930.jpg



こんにちは。なんばの花屋、flowersalonosamu のふじい おさむ です。

漢字は、藤井 治と書きます。


今日はあらためてちゃんとしたプロフィールを書きます。


画像は7月ぐらいに撮影しました。

現在はいろんなものの食べ過ぎで、かなり太ってます。あしからず。

ではでは、プロフィールを。






1970年生まれ。大阪生まれの大阪育ち。現在も大阪吹田市の江坂近郊で家族と住んでおります。

高校卒業後、浜田省吾や尾崎豊のようなロックスターを目指すも、音楽理論がいまいち理解できず挫折。詩的センスのかけらもないことに気づく。
彼の歌Bow!にある「ドンキホーテ」の主人公みたいに間違った敵と戦っていました。

ドンキホーテの物語は第一章で終わらず、なぜか第二章が始まる。

次は血迷って小説家を目指す。

文芸新人賞1次選考で撃沈が2回ぐらい。あえなく、挫折。というか失敗。


そして、どうしたことかオサム物語はナルニアのように第三章へと続く。。。


顔がイケてないのに俳優業を目指す。

一応エキストラできる劇団に所属してました。
関西系のドラマでちょこっとエキストラに出ただけで、あえなく敗北。完敗。



劇団やってるときに花屋でバイトしていたことがこの世界の入口です。

はじめはお金だけの為でやっていたのに、その花の魅力に引き込まれてしまいました。

ただたんに「きれいやなぁ」です。
それまではそこらへんの庭に咲いてる花しか見たことがない僕は、心から花屋で売ってる花ってすごいきれいなんや。と知らされました。

そんな植物の力なのでしょうか、ディズニー映画「美女と野獣」の野獣のように本来の自分の姿を取り戻す事が出来たのです。顔も王子様になってほしかった・・・。



王子ではなく、かつてドンキホーテだった僕はやっと理解することができました。

僕はドラゴンなんかと戦っていたのではなかったんだ。

良く見るとそれは竜ではなくただたんの幻想を映し出す風車です。持っている剣もオモチャでした。



それからというもの、オモチャの剣をバラの花に変えて、いっしょうけんめいお花を勉強しました。

すると、従業員時代の経験を認められて、なんばで念願のお店持つことができました。
運よく周りにいたお客様のおかげで軌道にも乗りかけたときです。



慢心とはたいへん怖いものです。

かつてドンキホーテだった僕は、ドンキホーテだったことさえ忘れてしまい、お金だけを追い求める姿になっていました。

まさにドンキホーテならぬ、「ドンキーコング」のように売り上げが上がるたびに「うほっ、うほっ!」バカみたいにおたけびをあげるゴリラとなったのです。


もう人間ではないドンキーコングに、お花の神様にもそっぽを向かれました。

追いうちをかけるように東日本大震災。

当然、慢心狂いのドンキーコングには支えることができません。力はあっても知恵と心がないからです。




そんな震災当時、心に残る動画を偶然見ました。

遺族が海に向かってお花を供えている姿です。

あとは・・・。最新版、当ウェブサイトに書いてる通りに心を改めることになったのです。遅すぎ。


当店女性スタッフさんたちの支えもあり、やっと人の気持ちがわかるようになった僕は心底まじめな人間になろうとしている最中です。

顔はともかく、心だけはの気高い王子になれることを今現在も夢見ています。


そんな太っちょだけど王子様修行中の僕に、相談しに来てくれるお客様にはほんとうに感謝しております。ありがとうございます。

大阪ではない、はるばる遠方からこのプログを読んでくれてる読者さんにもすごく感謝してます。
ありがとうございます。



いつもながいプログで時間をもらっております。



以上、長々と僕のプロフィールでした。

お疲れさまでした。




おやすみなさい。




by flowersalonosamu | 2015-09-24 19:56 | flowersalonosamu | Comments(0)

花屋の日常失敗談から、ふと気付いた”バランス”の話★☆

b0344880_16060302.jpg


こんにちわ

すーです♪

シルバーウィーク初日

皆さま、楽しいご予定がたくさんでしょうか( ..)φ★


人も多くなっております
お出かけの際は、事故のないようお気をつけて
楽しんできてくださいね。

なぜ
こんな出だしかというと


私ごとですが
先日、自転車でこけました


あ。
誤解があるとダメなので



イメージ写真のように

パンは加えてませんし
女子高生でもございません
年齢サバ読みでもないので

イメージですので
あしからず!

とにかく
こんな可愛くはこけれませんでした(笑)


朝の出勤時、
電動自転車でハイパワー走行中

溝の金網が小雨で濡れてて
つるっと
すべりました

ふっとびました


自転車も
自分も
荷物も

写真の女の子のようだったら
誰か助けてくれたかなー。。。



早くどいてと言わんばかりに
車にクラクションを鳴らされる 現実。

いい年して、今は絆創膏だらけです

お恥ずかしい


しかし、度々こんなことがあるので

周りのみんなは
首をかしげております

いや、自分自身も。。。(笑)

今日も、私の手をみてびっくりの
当店どらえもん店長

なんでやなんでや
っていう
話の中で


バランス感覚だ!


わたしはどうやらバランス感覚があまり得意じゃないみたいです
意外に運動神経は良い方なはずなのです

それとこれとは別なんですね



さすがに、これだけ続いちゃいかんです

鍛えようと思いました



バランスって大事ですね

体のバランス
栄養バランス
重要と供給のバランス
人間関係のバランス
お花のアレンジメントのバランスも


どこかへこんでたり
足りなかったりすると

こけたり
不具合がでたり。。。

ですもんね

人間関係のバランスでこけてしまいそうになったとき

写真のように
手をさしのべてくれる人

家族でも
友人でも
彼氏・彼女でも


今思い浮かんだ人、
1人じゃなくても
それ以外にも
みなさんのまわりにはたくさんいらっしゃるかもしれません


そんな人に
感謝の気持ちを忘れることなく
日々、過ごしていきたいですね(^u^)


✿お誕生日
✿記念日
✿お祝い
そんなイベント事の時には
普段伝えきれてない
日ごろの感謝の気持ちを伝えるチャンスです♪


今日のブログは
最後はまじめっぽく締めれました(笑)

いつも変なブログですが見ていただいてる方には
本当に感謝です
本日初めて見ていただいた方も
ありがとうございます!!

ではでは
良い連休をお過ごしください(^v^)!!











by flowersalonosamu | 2015-09-20 10:54 | すーちゃんのお花屋さん日記 | Comments(0)

【ダークサイドに落ちる】危険性。

b0344880_16522659.jpg


こんにちは。ふじいです。


今日はいたって真面目な話しを。



ダークサイドに落ちる という言葉をご存じの方はおられるでしょうか。




最近知りました。


なんかビジネス用語らしいです。




商品やサービスは、価格と価値が微妙なバランスの上で成り立ってます。


商品やサービスの価格より、価値の方が上回ると、ヒット商品となります。

逆に、
商品やサービスの価格より、価値の方が下回ると、ぜんぜん売れましぇーん。となるみたいです。


普通はどちらかのパターンになります。
当花屋もいろんな商品を出してがんばっていますが、「ぜんぜん売れましぇーん」になることも多いです。





でも、たまに特異なパターンの図式ができてしまうことがあるのです。


商品やサービスの価格が、本来の価値より大幅に上回る状態のことです。



へっ?あんた、何言ってるの?

と、意味不明に聞こえる人もおられるかもしれません。

わかりやすく言うと、数千円しか価値がない壺を、これはすさまじいご利益があるからと、数百万円で売りつける霊感商法のことなどです。



たとえは極端ですが、この売り方や販売方法をしている人の事を、ダークサイドに落ちる
と、表現されてます。




言葉の語源は映画、「スターウォーズ」のなかのダースベイダーからの由来。お母さん想いだったやさしい少年、スカイウォーカーが、その力が強いばかりに悪の化身へと落ちて行くことになぞらえてるみたいです。




20年前ぐらいの昔、大手花屋さんは赤いバラを1本800円や1000円ほどで売っていたことがありました。
その当時、花屋である僕は「高いなぁー」と思っていた時期があります。

でも、それはまったくと言っていいほど、僕の勘違いであり、間違いでした。

じゃ、その大手花屋はダークサイドに落ちている、のか?と言えば、まったく落ちてないです。

ブランディング力は確固たるものだし、ポジショニングの位置もしっかりしてます。駅前の地価の高い店舗で販売してますし、
そもそも、その赤いバラはたぶん品質が良い生産者より仕入れたものなのです。

カンタンに言うと、リッツカールトンホテルのルームサービスのコーヒーの値段が高いのと一緒です。






じゃ、ダークサイドに落ちるとはどういうことなのか?

花屋的に赤いバラの例で言うと。


ヒビットな濃いピンクバラを赤いバラとして売ったり、
海外輸入品のバラを国内産と偽ったり、
そもそもB級ランクのバラを800円で売ったりすることなんです。


そうなんです。
ぜんぜん価値なんかないのに、とっても価値があるように見せかけて販売する手法です。



今では、花の販売価格が下がって基本的にバラ1本800円など、とても売れる価格ではありません。

でも、あまりにも倫理的に反する行為、もしくはセールステクニックばかりで販売してしまうと、
それはダークサイドに落ちる行動になってしまいます。

b0344880_16512707.jpg



正直な話、僕自身もその闇に右足を突っ込んだ状態で、商品セールスをしてしまうこともたまにあります。

そんな、なんかおかしいなぁ、と感じるときは、自店のスタッフに確認などしてます。

おれって嫌な人相やオーラしてないっ?って問いかける感じです。




今日はひっぱりまくってドラえもんですが、

ちょうど、スネオやジャイアンをこらしめるために、新しい道具を出して、のび太といっしょになって嫌らしい顔つきになっているドラえもんに、たまに僕自身が似てるところがあります。

そんなほのぼの漫画ドラえもんにさえ、陰湿なシャドウがつきものだった記憶がありました。


b0344880_16525350.jpg


あえて本日は、こんな自責の念を記すような書き方をしているのは、自分がダークサイドに落ちないようにするためです。



せっかくお客さんが、自分の大好きな女の子を振り向かせるために、わざわざ花束を買いにきてくれてるのに、
販売員の僕の手がそんな風に汚れていたら、それだけで嫌気がさすことでしょう。
そもそも、そんなダークサイト店になってしまったらお客さんの方が気づくはずです。

きれいごとを言うようで嫌ですが、お客さんって、そんな簡単にだますことなどできません。
微妙な意識とか、雰囲気とかすぐに気付かれてしまいます。



必要以上の道具やテクニックが、
どこからがダークサイドに落ちる行為なのか、

それを見極めて行くのもこれからの仕事だと思っています。




お花をもっともっと喜んでもらえるよう。

楽しんでほしい。
好きな人を大切にしてほしい。

そのような感情が強ければ強いほど、僕には闇に落ちる危険性が常にとなり合わせなのです。



ここでふと思い出しました。

かつてニーチェという人はこういう言葉を残していました。




「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」





この言葉はどんな心霊動画よりも怖いことばとして心に残っております。




人の心とは、まさに、表裏一体。




長々と読んでいただいてありがとうございます。

おつかれさまでした。

今日はシリアス過ぎたので締めくくりは4秒動画で。
それでは、また。





























by flowersalonosamu | 2015-09-19 13:40 | お花を贈る時に、聞きたいこと。 | Comments(0)

花屋がおもう、モテル男性のウラ話。元祖トレンディー俳優、石田純一に学ぶ。

b0344880_12171415.jpg



こんにちは。「どらちゃん、おやつここに置くとくからね」

の、ふじいです。



本日はもてる男のウラ話。

もてる男の定義の前におことわりしときます。



ぼくはもてない男の一員です。謙遜でもなんでもありません。
ふつうにもてないです。あとでその理由を。




でも、もてる男は知ってます。

ぼくがもてない男なのでしょうか、

いろいろと親切に教えてくれます。




10代の頃の友達の中には、雑誌のジュノンボーイで東京まで行って賞をもらった男もいてます。

そしてそのジュノンと競い合って、ひとりの女の子を勝ち取った友達などもいます。(結果としてジュノンにその時は勝ったという違うイケメンともだち)


やっぱりそういうやつはほんと、小学生のころからもててました。


まあ、一言で言ってしまえば「オーラ」なんでしょうね。




いまもその子たちの高校時代の写真がラインで流れてきました。やっぱりオーラあるよね。
芸能界行ってたら成功してたんちゃうかなぁ。

なんか確信ありますね。なぜかというと、僕と同じ年齢のタレントの岡村隆史さん。
と、同じ感じ、もしくは匂いがあります。

ぼくは岡村さんとは直接的にぜんぜん関係ないけど、ともだちですと言う人に岡村さんの高校時代の写真とか見せていただいたら、岡村さん本人はすごい画像オーラ全開でした。

卒業アルバムなんかは岡村さん1人で目立ってるって感じです。とび抜けたスターがいる写真ってそんな感じではないでしょうか。
人を惹き付ける力というものは半端ないようにおもいます。




岡村さんのはなしはさておいて。






もてる男の条件。その1。僕のまわりのもてる男を観察すると。

1. まず、話しがおもしろい。人のはなしを良く聞いています。
  そして聞いた話をマシンガンのように楽しく繋げて行きます。
  それもただ、つなげるだけじゃなく、この女の子、食いついてくれてるかなぁ?と、
  確認しながら話し続けます。伸びない話題などはすぐにやめたりするところがすごい。

2. 1にも共通するけど、ポジティブな話題にすり替えて行きます。
  生きてるといろんなことがあって暗い話題なんかの時もありますが、もてる男はすぐさまプラスの方向に話題を変えてもっていくことができます。後ろ向きの姿勢がぜんぜんない。
  暗い話題をむりくり変える能力が超人的。それはあらゆる手を使って、プラスの力へと導きます。突拍子もない自分の体験談。下ネタ。虹色に輝いた今後の事など。

3. つねに正直。
  自分に対して正直なのはあたりまえ。他人にも正直に接することができる。人との付き合い方に嫌味がない。
  ということで、女の子にももてますが、男にももててしまいます。



ざっと言うとこんな感じなのですが、いかがですか?


だだたんに、おもしろかったらいいのかいっ!と、つっこみを入れたくなるでしょうが、そういうことでもないんです。


3.番目に言った「正直」の法則で、つねにもてている男たちには余裕があるのです。余裕があるから会話が弾む。会話が弾むからちょっとした気遣いができる。気遣いができるから女の子に「いいかなぁ・」と想わすことができる。

と、そんな感じで、幸せのイケメン無限ループが完成されていくんです。





そして石田純一さんの話へ。



ある雑誌の対談で彼はこんなことを言ってました。

女性と話をするとき注意してることなど。でしたでしょうか。。。



一つ目。   話を聞いてあげる。

二つ目。   説教をしない。

三つめ。   未来を聞いてあげる。

四つ目。   過去を語らない。

五つ目。   自分を下げる。




石田純一。 恐るべし。とおもいませんか?

タレントである石田純一が「自分を下げる」って・・・。


たぶん、この自分を下げるというのは、相手に合すということなのでしょう。

相手に合している石田純一は、タレント「石田純一」ではなく、
ただ一人の女性に対して素直に、ふつうに気遣いができる普通の男性なのでしょう。



素直にすごい。


五つのポイントの共通項を探し出すと、そこには自分である「石田純一」が全くいないことがわかりますでしょうか?

つねに女性目線。

それも、恋人や妻以外の女性に対してもできているということ。

男のぼくでもほれてしまいます。



そんなこんなで、僕自身はいつもモテル友達や、石田純一さんの考え方を参考にして、少しでもお客様にもてるように努力をしてますが、なかなか難しいです。

たぶん、この法則は仕事でも大いに役に立つと思うので利用してください。女性の方も使えるんじゃないかな。




そんな僕自身は、



話の途中でつい、さえぎってしまったり、

質問に対しての答えが説教じみた、ちぐはぐなものだったり、

未来なんて聞いてあげないし、

古臭い栄光を、いつまでも大事にみがいてるし。

そもそも、一般人のくせにプライドが高いし、最悪です。





でもでも、


そんな僕につきあってくれてこの文章をいま、この瞬間まで読んでいただいた読者の方、


ほんとにうれしいです。ありがとうございます。




ぼくのイケメンおっさん友達に、正直さだけは学べてるかなぁ、、と感じる今日この頃です。






お仕事お疲れ様です。ながながとありがとうございます。

おやすみなさい。



















































by flowersalonosamu | 2015-09-14 19:53 | お花を贈る時に、聞きたいこと。 | Comments(0)

ロクシタン付きプリザと花屋がおもうジェントルマンの話

b0344880_12200107.jpg





こんにちわ(^u^)
すーです♪

皆さまご存じの当店の店長と
モテる男は気遣いができる。
だからモテるのだ

と、何かし話の際
そんな結論に到達することが度々

そんな時、会話の中に
必ずと言って登場するのが


"石田純一”さん


女心に寄り添うような
さりげない大人の優しさ


THE ジェントルマン!

自分も女子であることを忘れ、

すごいですよね!(・o・)
と。
店長の見解と石田ネタを聞きながら
本気で関心してしまってたりします


話は変わりまして
先日、前の職場でお世話になった方々とお食事でのちょっとした会話

男性は3人いらっしゃいまして

1人のいちばん年上の部長さんが
私が今は、お花屋さんではたらいてるのを聞いて
手が荒れるでしょう??だいじょうぶ?
と一言。
あとの二人が続けて、
なんで手が荒れるん?なんでー?

ひそかに私は

おおっ

と思ってしまいました

すこし、石田純一がよぎりました(笑)

という、特に何でもないお話です
すみません( ..)φ



さりげない優しさなんて
大まかすぎて

なかなか
やろうと思ってすぐするってむずかしい事ですよね
いつ
どんな場面で
なにしたらいいん
ってなりますね


ロクシタン(ハンドクリーム)付のプリザーブドフラワー
当店にこんな商品があるのですが


大切な人にお花を贈りたい
それだけでもとても素敵な事ですが

プラスアルファ、女性を気遣えるアイテムというコンセプトです



私がブログをかくと
おすすめー
みたいになってしまいますが




ほんの一例という感じです。


お気になさらずです。




ではでは
本日もおつかれさまでした_(._.)_














by flowersalonosamu | 2015-09-12 19:41 | ☆商品メニュー | Comments(0)

花屋が想う、久石 譲 作曲の「 あの日の川 」

b0344880_12180880.jpg


こんにちは。花屋、「おまめに根が出てうえきばちー♪」 です。

6月6日にUFO・・・


ではなく、今日は久石譲さんのお話を。



みなさま、「あの日の川」という曲をご存じでしょうか?


久石譲さんの作曲で、あの「千と千尋の神隠し」の挿入曲となっているものです。


この曲のメロディーはいろんなアレンジが付け加えられ、いろんな場面で何回も流れてくるらしいです。

僕にはハッキリしたことがわからないですが、歌詞付の歌バージョンもあるらしいです。



僕の記憶のするところ・・・の、イメージは。


あの絶望的なシーン。


千尋の父と母がブタ野郎になって、川沿いでしくしく泣いていたら体が消えかかっていく・・・。


そんな主人公の最悪さに引き込まれながらも、なんとも感傷的なシーン。



そして、まんが「パタリロ」に出てきそうな、超美少年のハクの登場。


物語の展開はさらにエッジをきかしたものに。

いきなりのおにぎりの登場。



この世界のものを食べないとあなたは消滅ゲームオーバーだと。


ここでもつっこみどころは満載。


と思ったのは僕だけじゃないはず。


おにぎり・・・。2個?3個?



ぜひともそこは主人公の千尋にツッコンデほしかった。


「1個ではダメなんでしょうか?・・・・・」

と。


美少年はどう言葉を返すのだろう・・・。


「2個じゃなきゃ、ダメなんです!」

と、何々議員のように答弁してくれてもおもしろかったのでは。






涙をこらえながらおにぎりを食べるシーンは、まさに圧巻。

くやしさと、やるせなさと、悲しさなど、いろんな感情が混じり合ってのおにぎりタイム。



おにぎり食べ終わったころ、「あの日の川」の曲も終了・・。だったかな。







まさに映画のストーリーと、曲がうまくかみ合った名場面です。

宮崎映画では、トトロのねこバスシーンと合して、僕の中では1.2フィニッシュです。







ピアノで弾いてみると、これまたとてつもなく惹き込まれてしまう曲。


初めは「あれれ?この拍子なんだ?」とは思うもの、


練習するたび、スルメのような濃厚さがしみでてくるような曲。




ピアノ弾ける方、このイカみたいに味わい深いいい曲をどうですか?



逆にタコや海老のように、魚介類濃厚味のいい曲知っている方はおしえてください。

ぜひ食べてみたいものです。




本日も読んでいただいてありがとうございました。


お仕事おつかれさまでした。おやすみなさい。





by flowersalonosamu | 2015-09-11 19:24 | flowersalonosamu | Comments(0)

おサルのボタン連打と、ときどき、僕のエレベーターいらいら連打。

b0344880_16581887.jpg




こんにちはー。「のび太くーん、そりゃないよー」のふじいです。



とうとつですが、エレベーターで急いでる時などは、ボタンを連打したりしませんか?


けっこう僕は2回とかするタイプなんで、読者のみなさんはどうですか?



アレってなんでするんでしょうね。もう目的階のランプも点滅してるのに。。。

関西人に多いという人もおれば、男の人に多いとも言われてます。

とくにぼくと同じおっさんに多いとも感じます。



エレベーターにかぎらず、パーキングの入り口にある駐車券発行ボタン。同じく出口にある領収書発行ボタン。2回ほど押してしまいます。


女性のかたってあまりしないですよね。ちゃんと1回を守ってる(?)ひとが多いです。あまりにソフトタッチ過ぎて反応しないことも。やさしいですね。


どうなんでしょうか。




やはり20代30代のかたは、僕の見る限り、ありとあらゆるこの世界のボタンの押し方はすごくスマートに見えてしまいます。

やはり、スマートフォン世代なのでしょう。

なにかしらタッチがなめらか。フリック、タップをちゃんと脳内で認識できてます。

ぼくら、なめ猫、テクノカット世代は、フリック、タップを脳内で正常変換できません。

フリックを「フリック」と認識せずに、フリックレバーボタン。タップをタップスイッチボタン。ととらえてしまいます。液晶なんてカンケーねー。って感じです。



それでも僕らは「まだましなんかも・・」と思ってしまう時もあります。


郵便局や銀行でたまに見かけるのですが、80代のおばあさんなんかはATMの液晶パネルを狙いすますかのように「これでもか!」というぐらい強く押しているのを何回も見たことがあります。
まるで「北斗の拳」のケンシロウです。秘こうを突く力はご主人の肩こりのために取っておくべきです。




エレベーターのすみで、コソコソ小刻みに連打しているおっさんなども見かけます。その数は二桁レベル。小刻み過ぎて一見わからないが、僕にはごまかしがきかない。

むかしのゲーム。ハイパーオリンピック上手かっただろうなぁー。と素直に思いました。(若い人しらないかぁ・・)




そんな日常の毎日を繰り返してる時。

テレビでやってました。ある、おサルのニュースが・・・。



そのおサルは賢くて、自分で自動販売機にお金を入れてジュースを買って飲むというものでした。

「賢いなぁー」と見ていたのですが・・・。ある場面をさかいに血の気が引いたのです。


そう、自販機のボタンの押し方です。


連打。連打。連打


ケンシロウやハイパーオリンピックおっさんとも対等に戦えるぐらいのジュースボタンの連打ラッシュでした。




それから僕は。

社会にある全てのボタンはやさしい女性のように1回だけにしてます。



いろんなボタンを押す時、どうしてもあのおサルの手の動きが忘れられません。





ぼくと同じ中年の男性さんは、すべてのボタンの回数は1回だけにしましょう。

それだけでまわりの女性からは、「なんて落ち着いた男性・・・ときめき」となるのではないでしょうか。


今日は、というか、今日も、花関係無しでお話しさせていただきました。


これからも「サルでもわかるような、花屋のブログ」をつづっていきたいと思います。


いつも読んでいただいてありがとうございます。


お仕事おつかれさまでした。また明日がんばりましょー。
by flowersalonosamu | 2015-09-09 18:36 | flowersalonosamu | Comments(0)

花束の渡す向き。その他・・火垂るの墓花。「せつこ、それお祝いの花束ちゃう。お供えの墓花や!」

b0344880_18325820.jpg


「ふじいくん・・・。それはお祝いの花束ではないやろ。花が段々になりすぎて、まるで墓花みたいや・・・」

と言われた経験があります。

その時は僕もまだ19才。花屋にアルバイトをしてから一週間ぐらいしかたたないまだぜんぜん花に慣れていない時でした。
上司である店長がきつい一言。






   
こんにちは。なんばのドラえもん花屋です。今日もどら焼き全開テンションです。・・。?




「火垂るの墓」はみなさんが良くご存じの、名作中の名作アニメです。なぜか8月になるとテレビでやってたりします。もう中年になって何回も見たのに、なんとなく見てしまう映画です。

ここではこの映画に関しての感想などはちょっとおいときますね。だらだらと書いてしまいそうなので。



ということで、かつての若かった日の事をなつかしく思い返しました。

あたりまえですけどあれから20年以上たった今は、お祝いの花束が墓花のようになったりはしません。

意識もうろうとなった「せつこちゃん」が、「わぁ・・きれい・・・♡」と復活パワーアップできるぐらいの花束も作ることができるようになりました。



逆に、。。。。墓花は平均レベルでは作れますが、他の仏花、墓花専門の花屋さんに比べるとあんまり上手ではないです。

当店、flowersalonosamuはあんまりというかぜんぜんお客さんからの墓花の依頼が少ないのです。

需要がないとあんまり作成しないので、得意じゃないのも仕方ありませんね。






はなしは少し変わって、最近はテレビや舞台などではふつうの花束よりもラウンドスタイルのブーケなどがちらほら主流になっているなぁーと感じます。

今風なのでしょう。流行りの花束もラウンドの画像がけっこう多い気がします。

ここで一つ気になって気づいたのがラウンドブーケの渡し方、贈り方です。


せっかくテレビで舞台発表の取材を受けテレビカメラを向けられているのに、ラウンドブーケの花の部分をカメラとは反対の向きで渡してる方がいてました。

名前は忘れてしまいましたけどその時の女優さんも一瞬あれ?と思ったのでしょうか、間がありました。

ラウンドブーケが渡されてカメラのフラッシュが数多くたかれた瞬間、いろんな方が気づかれたと思います。

ラウンドブーケもらった女優さん、現場にいるカメラマン。一握りのテレビの視聴者。

一番くやしかったのは、その女優さんのイメージで作り上げたであろう花屋さんではないでしょうか。


芸能界というのは、イコール広告業界です。

そんな華やかさ第一主義の世界で、せっかくのラウンドブーケがラッピングの和紙しか見えないとなれば宣伝効果半減ではないでしょうか。

それとも、そもそもそれがラウンドブーケ自体のデメリットなのかもしれません。花を向ける方向によってはまったく花が見えないということもありうるからです。




ここで花屋、flowersalonosamuからのちいさなお願いがあります。




自分と相手だけの2人の時は、右向き左向きどちらの方向なのかというと、受け取る人の右手に花束の元を、左手に花先が来るようにするのが一般的なマナーであり心づかいです。

その他の位置づけ。第3者の視点(テレビカメラやスマホカメラなど)がある場合は一般的なマナーなどは一切無視して、第3者視点に花が良く見えるよう配慮してもいいのではないかと断言します。




その場に何十人、何万人いようが、
だれでもない。花束を受け取る主役のひと。

その人だけの為に用意された花束。

その人の魅力を惹きだすためだけの花束なのだから。



フォーカスされるべきなのはマナーではありません。

人間なのです。













by flowersalonosamu | 2015-09-07 17:32 | flowersalonosamu | Comments(0)