人気ブログランキング |

誕生日や記念日の花を贈る人限定。好きな人との関係性のための難波なんばの花屋 flowersalonosamu。

uwattura.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

映画「マトリックス」の言葉。

b0344880_17363609.jpg



こんにちは。なんばの花屋のふじいです。

今日は花屋さんから離れて、最近日常で感じたことを伝えたいです。



ひさしぶりにマトリックスという映画を観ました。やっぱり何度観てもおもしろいです。

初監督映画でありながらの完成度。見事です。ウォシャウスキー兄弟。
360度のカメラ視点も当時は斬新な映像革命でしたが、今ではサッカーや野球などのスポーツ映像に、なんなく普通に使われています。マトリックスの監督であるウォシャウスキー兄弟は、映像技術にくさびを打ち込んだ監督としてこれからも後世に語り継がれてゆくのでしょう。

映像技術とは対照的な、哲学的で意味深過ぎるシナリオにも飛びぬけた要素があります。

なので僕が大好きな映画のひとつとなってます。

その好きな台詞のひとつは、「情動を否定することは、人間らしさを否定したことと同じ」とか。

なんか、あたりまえのことだけれども、ふと考えてしまう言葉ではないでしょうか?

またもうひとつ好きなシーンは、預言者と名乗るおばさんの部屋に掲げていたことば。「己を知れ」という看板というか壁掛けがある場面のやりとり。


映画「ナルニア国物語」の中の言葉「自分から逃げるな、自分の価値を知れ」と似ているところがあります。



僕は、数々の映画の中にキラリと光るフレーズを見つけるのが大好きです。

その中でもいろんな意味合いが凝縮されている「マトリックス」がとてつもなくミステリアスで引き込まれてしまいます。

オープニングの「グリーンに光るカタカナ」が滝のように流れるシーンがその象徴です。ウォシャウスキー兄弟はそのイメージを映画の設定に植え付けた時、もうすでにこの映画は大ヒットするとわかっていたようにさえ感じます。




話しは長々となりましたが、「マトリックスおもしろいですよ」というステマみたいになってしまいました。

いつも話しの長い僕の文章についてきていただいて、ありがとうございます。


また次回のプログでお会いしましょう。お仕事お疲れさまでした。おやすみなさい。











by flowersalonosamu | 2015-03-30 18:44 | 心をこめて | Comments(0)

お客様に申し訳ないことをした当店の失敗談。

b0344880_16203886.jpg



こんにちは。flowersalonosamuのふじいです。

今日は仕事で失敗をして、お客様を困らせたことをあえてブログに書きたいと思います。面白おかしくも書けないので興味のない方は飛ばしてもらって構わないです。

昨日の事です。

結論から言いますと、僕が受注日時を間違えて確認してしまったため、お客様を待たせてしまったあげく、違う花屋さんで「ご注文なされたのではないでしょうか?」と言ってしまったことです。
そんなことはなかったです。当店flowersalonosamuでちゃんと受注しており、原因は、ただ単に僕自身の記載ミスでした。

注文主様にたいへん失礼な想いをさせてしまって、「申し訳ありませんでした」と、「すいませんでした」の言葉しか発せられなかったです。

ご注文主様の大学の謝恩会会場が、近くのスイスホテルでしたので、急きょ花束を制作、配達をさせていただけましたので、なんとか「花束の贈呈」の時間に、間に合いました。
「ほっ・・」とした瞬間に、お怒りであるはずのご注文主さまが、「わざわざ届けてくれてありがとうございます・・・」と言ってくれたことには、感謝の言葉しか見当たりませんでした。本当にありがとうございます。

当店の完全なミスを広い心で受け流して頂けたことを、この場をかりて感謝の意に変えて書かさせていただきます。

このたびは本当に申し訳ありませんでした。そして本当にありがとうございました。


by flowersalonosamu | 2015-03-19 16:22 | flowersalonosamu | Comments(0)

ちょっと変わった花屋です★☆

b0344880_18274036.jpg


こんばんわ★すーです(^v^)


本日、WHITE DAYです


男性の皆さま
バレンタインのお返し・日ごろの感謝の気持ち
伝えれましたか??

改まると、お互い照れくさいですけど

ホワイトデーマジック です(笑)
がんばってくださいね♪


はなしは変わって、
当店のYou Tubeの話題


うちの店長が最近ブログにもかいてます



当店のメニューがYou Tubeで視聴できますよー

というお話です♪



★大きさが分かる
★商品の見た感じが明確にわかる
★これはこの値段というのがわかりやすい
★おうちで商品が選べる
★You Tubeみました こんな感じで作ってもらえませんかの御依頼ができる
など、など、いいことかなーっと


お客様にもそう思っていただけてたらうれしいです(^v^)



お越し頂くお時間、御苦労を少しでも軽減でき、
気持ちよくギフトを選んでもらえますように。。。



You Tubeのお花屋さんだ
と先ほどもお店の前を
人が通って行かれました


You Tubeのお力をお借りしてこれからも
皆さまとの距離を縮めることができたらいいなと思っております♪


You Tube動画
随時、更新中★☆














by flowersalonosamu | 2015-03-15 12:25 | すーちゃんのお花屋さん日記 | Comments(0)

「You Tube の花屋さん・・・。価格明朗、プレゼント商品メニュー一覧」のつづきです。その2。

b0344880_15362292.jpg


こんにちは。なんばの花屋のふじいです。


前回に続きまして「You Tube」についてお話させていただきます。


前回は「ひょひょいの、ひょいっ、」のところで終わらせていただきました。

そのくだりから始めさせていただきます。

まずYou Tubeというものは完全な動画。ということはみなさん誰もが知ってますよね。

その特性というものをできるだけ「フル」で生かしきる。ということだと思います。

ちなみに上にある静止画像は、「プットブーケという置ける花束」です。商品コピー名としてもイマイチピンとこない商品です。静止画でもあまりピンときません。

これがYou Tubeになると、↓





こんな感じです。


どうでした?わかりやすくないですか?

昔の人が「百聞は一見にしかず・・」といってた意味がわかりますよね。


というわけで、You Tubeを見てわかりやすかったから来店しました。というお客さんが、ちらほら最近では増えてきたもようです。

そして次の段階は、また違った切り口でYou Tube動画を使っていこうかなぁ、とも考えております。それはまた乞うご期待ということで・・・。

そしてもうひとつ。

来店するお客さんのために「You Tube動画を作っていこう!」と思っていたのに、意外なことが役に立ってきたので最近では楽をしてます。

スタッフに商品を制作してもらう指示を出すときに、
「You Tubeを見て作ってー」と言えることです。

当フラワーショップのスタッフさんは動画視聴しながら制作していただいてます。
これも時代の流れだなぁーと、横目でそんな姿を見ながら、我ながら年食ってきたなぁーとひしひしと感じてます。


お客様との接客対応のときにも使わせていただいています。

「5千円ぐらいだったらどんなぐらい?」と、お客様がご質問された時、いままではパンフレットみたいなメニュー表や、padやスマホでの静止画確認でしたが、現在ではYou Tube動画で確認させていただいております。なかなか、みなさん一発でカンタンにイメージしやすいのでしょうか、ニコニコしながら楽しそうに選んでいただいてます。
僕と同じぐらいの年代の男性の方と、ラブラブモードで確認しあっております。


そんなわけで、いかがでしたでしょうか。

もっともっと、「あー。そんな撮り方もあるんだなぁー」と思われるような動画制作を続けたいと思っています。

読者の方や、お花好きなお客様。
なにか「こんなんしてよー」とかありましたら、ご要望におおじてYou Tubeにて楽しくワイワイとupし続けたいです。


いつもながいプログを読んでいただきありがとうございます。


失礼します。







by flowersalonosamu | 2015-03-14 18:15 | flowersalonosamu | Comments(0)

You Tube の花屋さん。になってきました。目指しているのは日本で最初の、明朗商品花プレゼントメニュー一覧です。

b0344880_17570347.jpg


みなさんーこんばんは。

なんばの花屋のふじいです。またまたご無沙汰しております。


今日はYou Tubeについてをテーマにしたいです。


読者のみなさまもご存じかと思いますが、当花屋、flowersalonosamuはYou Tubeで花のプレゼントメニューを上げ続けさせていただいおります。

今では40本ほど近くなってきましたので、それなりにかたちになってきたなぁーと感じています。


前々からですが、動画で何かを伝えたいとおもってました。しかしながら、どうやって撮っていいのやら正直言って全然わかりませんでした。
花屋さんだけに限定して、You Tubeでいろいろ調べたりしましたが、どれも自分がやりたいこととは違うような感じがして、むずかしいな。とも思いました。

ある花屋のひとはデザインに対してていねいに分かりやすく動画をupしてたり、ある人はおもしろおかしくギャグをまじえながら楽しそうにupしてました。
中にはめずらしい人もいて、踊りながら花を活けている人もいました。

いろいろな人が、いろんな切り口でお花の良さを伝えようとしてることが、You Tubeの画面を通じて伝わってきました。


悩みに悩んだ挙句、さて、僕にはなにができるだろう? そんな風に想いをめぐらしました。


最初に思いついたことは、できるだけシンプルにしようと思いました。

饒舌にしゃべっていくのもたぶん自分には無理だろうともわかっていたからです。

次に想った事は、お客さんは「何が知りたいんだろう?」ということに、しぼりました。

普段からお客さんがリアルな僕に向かって言っていること。

それこそ本当のお客様の声だと。


この2点だけに絞って答えを出していくと、消去法からのスタートだと確信しました。

まず第一は、デザインのしゃべりや、制作過程の動画はいらない。と。

1流のフローリストやデザイナーが日本国内外とわず、いろんな方がいろんな手法でYou Tubeでupしてたから、いまさら僕がしたところで(だから・・?)というかんじでした。ましてや僕は1流でもないし・・・。


だから最後の最後、仕上げのラッピングのところか、リボンの締めくくりでスタートさせました。おかげで視聴者の時間短縮にも貢献しました。(長い動画は見てくれないということもわかってましたから)

そして一番肝心なところは、お客さんが「どうやって持って帰れるんだろう?」ということと、「値段はいくらやねん」という明朗性でした。

持ち帰りの紙袋。もしくは花束ぶくろ。そこまで動画で撮って、そして見ていただいてイメージしていただく。そして価格も完全に表示する。

それだけに焦点をあわせた動画撮影のスタートとなりました。



そして、お客さんの代わりに、僕が持ち帰るフリをしたり、うちのスタッフたちが交互に演じてくれたり。

初めのうちは撮影も大変でしたが、なれてくると、かんたん、カンタン。あれよあれよというまに、動画撮影。動画編集。ひょひょいのひょい。という感じです。



すいません。いま、ちょっと店が忙しくなってきましたので、その2へつづくとさせていただきます。



しつれいします。乞うご期待。










by flowersalonosamu | 2015-03-12 19:58 | flowersalonosamu | Comments(0)