人気ブログランキング |

誕生日や記念日の花を贈る人限定。好きな人との関係性のための難波なんばの花屋 flowersalonosamu。

uwattura.exblog.jp
ブログトップ

2014年 10月 09日 ( 1 )

花屋さんの女性スタッフ > 花屋の店長および経営者 = 読者の信頼度。

b0344880_14542430.jpg



こんにちは

なんばの花屋の藤井です。



前回。すーちゃんが書いたブログ。読んでいただけましたか?


まだ読んでない方はこちらを・・・。flowersalonosamuにいる”くまさん”





僕の感想を。

一言でいうと、


『ド肝を、抜かれたぜっ!』

って感じです。



レインボーローズに関する観察報告から、くまさんへのもって行きかた。


そして、普通にそのままの飾らないオチまで。







見ている読者の方には、かなりの信ぴょう性にもとづいた文章に見えるでしょう。

僕が言うのもへんですけども、新人スタッフさんの言葉は、それだけで信頼性があります。だって、僕と違って金勘定に走りませんから。

僕にはそのすーちゃんの文章が、160キロのストレートをほうり込んだプロ野球のピッチャーに見えました。




逆に再確認できたのは、僕の文章なり、文体は、かなりの変化球投手だというのがわかりました。いろんな球種を使ってくるのだけど、ここ一番のスピードストレートを持っていないのだ。とも。



やはり新しいスタッフさんの威力というのは、こんなところで発揮されるのだなぁとしみじみと感じました。
新しいスタッフだからか?もしや、すーちゃん自身がすごいのかもしれません。


「神は細部に宿る」という言葉をご存知でしょうか?

僕も最近知ったのですけども、すーちゃんのこの文章を評価するのであれば、一番のポイントは次の部分です。




『わたしは1番好みの子(くまさん)を必死でさがしてます(笑)』



この言葉でしょう。これがお客さんに近づくということなのです。なるほど。ふむふむ。


僕の頭には、そんなこと考えもつきませんでした。よく見ても、よく見なくても、当店の中に100匹ぐらいいるくまの顔は、みんな似たり寄ったりです。多少の色の違いはあれ、顔はみんな似たような感じです。


女性のお客様はご自分で探す方もおられますが、男性のお客様は僕にたいして「いいのを選んで」とか言われたりします。

くまといぬや、くまとねこなどの見分けはつきますが、くまとくまの見分けはさすがに・・・。僕は首をかしげます。くまピックを持つ僕の両手のなかの彼らに問いかけてしまいます。「くまった、くまった・・・」。と。




やはり、店長なりオーナーのことばというのは、読者の方々から見れば、それだけで警戒心とか、疑心という目で見られてしまいます。
それは仕方のないことでしょう。僕とは違うその他の方のプログを読むとき、僕もちょっとはそういう気持ちで見てしまいます。僕のプログもそう読まれていることは覚悟してます。


でも、なんとか、パンツ一枚の裸になるぐらいの気持ちで正直に書こう!と思ってます。でも、その中にはいろんな想いが交差してしまうのです。

これはビジネスプログだからお客様をお店まで導きたいとか、スタッフなどをマネージメントするにはどうしたらいいか。とか、正直言いますと、売り上げ代金のことを「考えないようにしよう」と固く思っても、無意識に頭をよぎったりもします。





読者さんの目から見た僕は、正直ものに見えてますか?



「いやいや、すごく正直な感じの人のように見えて安心してます」

と、思ってくれる方。ありがとうございます。



しかし、ちょっとまってください。それは危険です。

それでは詐欺師に思うようにされてしまいます。



「ちょっと、商売からんでて、上っ面な部分もあるけど、なんとなく良いかな?」

と、思ってくれた方の方が、僕の本質をとらえています。そしてそれがほんとうです。




完璧な人間などこの世にいないのです。



完璧な文章が存在しないように。








見ました?

今の、スペシャルスーパー変化球。


うまくホームラン出来た方は、次回のプログの主役とさせていただきます。


































by flowersalonosamu | 2014-10-09 15:00 | お花を贈る時に、聞きたいこと。 | Comments(0)