人気ブログランキング |

誕生日や記念日の花を贈る人限定。好きな人との関係性のための難波なんばの花屋 flowersalonosamu。

uwattura.exblog.jp
ブログトップ

花を贈ると、女性は正直な微笑みしかできないのだ、の巻。

b0344880_12591596.jpg




こんにちはふじいです。





僕は花屋という職業柄、何百回という花の配達をしてきました。
もしかしたら1000回以上越えてるかもしれません。


何百回という回数を重ねてきますと、贈り主さんと届け先さんの関係性がなんとなく分かるようになってきます。




第一に、贈り主さんに好意や親しみをもっているかたは、まずは驚いた表情をなされます。

それもちょっとした謙遜の意味を込めて・・・。わたしなんかに・・・。とか、僕なんかに・・。とかです。






第二に、もらったけどちょっと恥ずかしい、照れてしまう。けどなんとなく「うれしい」という人は、なんか目が笑っています。キラキラしていると言い換えてもいいかもしれません。


たまの注文ですけれど、けんかしたけど仲直りしたい・・・。みたいに、男性から女性に花を贈るときにちらりとそんな表情を見せてくれます。
僕は当然ながら贈り主本人ではないですけれど、なんか「ほっと・・・」してしまいます。けっこうそういった些細なことが花屋のやりがいなのかもしれません。





そしてそして、第三に、たまーにですけど、100回に1回ぐらいは、届け先様にげんなりさせられることがあります。

贈り主さまの名前を言った瞬間、眉がぴくっとしかめっ面になります。なんか拒否ってる感じです。

ケンカした恋人だったら、まだゆるさない!という状態です。もしくはぜんぜん興味がない人から贈られた時も同様です。たとえるならば、魔女の宅急便でニシンのパイを届けた孫娘の表情に似ています。

それでもしぶしぶ受け取っていただけます。わたしたち花屋も仕事なので配達完了しないと仕事が終わりません。


ここでぶっちゃけ言うと、今まで2回ほど配達拒否をされたことがありました。

届け先様はハッキリと「嫌いだから」と言うのです。


ご注文主さまに報告すると【なぜ?】と問い返すのです。

なぜ・・・。と言われても・・・。



お客様のこと「嫌い」みたいです(笑)

とは言えず。



「受け取れない」と言い換えました。






その二人のあいだには何があったのか・・・。もともと何もなかったのか・・・。今となっては迷宮入りですけど、とても考えさせられる出来事でした。でもそれも1000回に1回ぐらいの確率です。安心してください。パーセントにすると0.1%です。消費税のはるか下の割合です。でもジャンボ宝くじの一等よりかは当たってしまいます(笑)










今回のブログでなにを言いたいかと言うと、


直接花をプレゼントする方は、花をわたす時のその瞬間、相手のしぐさを目に焼き付けてください。

その瞬間に、好きな相手のちょっとした微笑みにすべてが語られているのです。


それを見逃さないでください。その時に彼女と一緒になってお花を見ていたらだめですよ。



その時は、彼女の顔をちゃんと見ていてください。あなたへの言葉が顔に書いてます。ほんとうに。


b0344880_12584601.jpg



前回の僕のプログは「好きなひとの気持を知るベストな質問」でしたが、

いやぁ~、どうしても直接聞けないぜよ~!という方は、「彼女の顔色うかがい花作戦」でもいいと思います。


またまたこんないろいろな方法を考え出せたならブログに紹介します。

僕は花屋なのでこんなことしか思い浮かべられませんが、いい方法があればまたお客様の方から教えてください。







本日もここまで読んでいただいてありがとうございます。



おやすみなさい。





by flowersalonosamu | 2016-01-29 18:19 | お花を贈る時に、聞きたいこと。 | Comments(0)