人気ブログランキング |

誕生日や記念日の花を贈る人限定。好きな人との関係性のための難波なんばの花屋 flowersalonosamu。

uwattura.exblog.jp
ブログトップ

はたして、男が花をもらってうれしいものか?

b0344880_17252861.jpg


こんにちは。おもっいきり男のふじいです。


今日のテーマは「男が花をもらう」というテーマ。



本日、若い女性のお客様が来店されて質問されました。


「男の人って、花をもらってうれしいんでしょうか?」

の言葉をいただきました。




商売的にはとっても売りたいので、うれしいはずですよー。と、言いたいですけど、

そこはだますわけにもいきません。



「基本、たぶんあまり関心がないと思います」と答えました。ウソはつけません。



ああ、そうですか・・・。それじゃ、バイバイ。

とならないように一応のセールストークはしとかないと。

「なんばの商売人暴れん坊将軍」の名がすたると思いこう付け加えました。





無関心なのは管理することが「めんどくさい」からだとおもいます。もし仮にプレゼントするなら生花の花束やアレンジはやめて、プリザーブドフラワーなどにしてみてもいいのでは、と。


なるほどなぁー。と言う感じで女性客さんはうなずいてくれました。





最近ふとおもうのですけど、プリザーブドフラワーって、花を贈る とか、花をあげる っていうようも、雑貨やアートを贈るっていう感覚に近いものがあるのではと思ってしまいます。


20代、もしくは10代の人たちほどその感覚が強いのではないでしょうか。

そんな感じに思うのはうちの花屋だけじゃないとおもう。時代は移り変わっていき、人の感覚もかなり変化している模様。


僕を含めてなにかとやることなすことめんどくさい男性たちにはプリザはOK商品。水を変えたりやったりすることがかなり意味不明な「生きている花」は、知らない男からしたら宇宙人並み。

プリザーブドフラワーはアート感覚があるので外人さんクラスな感じ。










来店してくれた彼女からなんだかんだお話を聞いていると、とてもお世話になっている男性さんの模様。いろいろイベントがあるたびに彼女を誘っているみたいです。


ということは彼女は完全に好印象なはず。




ぜったい、サプライズなプレゼントをもらったらうれしいはず。だってたぶん好きなひとだから。



それは「ブタまん」や「チロルチョコ」や「プリザ」であろとうともいっしょなはず。


ましてや好きな女の人からの「フラワーアートのプリザ」だったらテンションMAX。








・・・。



僕のテンションMAXが伝わったのでしょうか、お買い上げいただけました。レジスターさんが叫びました。「チーーン」



ありがとうございます。さんきゅー美人さん。




ニコニコ笑顔を見せながら立ち去る彼女を見ていると、もらう男性はしあわせだなぁーとおもってしまいます。








今日も読んでいただいてありがとうございます。


失礼します。さようなら。また。









by flowersalonosamu | 2015-12-14 19:01 | お花を贈る時に、聞きたいこと。 | Comments(0)