人気ブログランキング |

誕生日や記念日の花を贈る人限定。好きな人との関係性のための難波なんばの花屋 flowersalonosamu。

uwattura.exblog.jp
ブログトップ

花屋の人。ふじい おさむ のプロフィール。ちゃんとした。

b0344880_16274930.jpg



こんにちは。なんばの花屋、flowersalonosamu のふじい おさむ です。

漢字は、藤井 治と書きます。


今日はあらためてちゃんとしたプロフィールを書きます。


画像は7月ぐらいに撮影しました。

現在はいろんなものの食べ過ぎで、かなり太ってます。あしからず。

ではでは、プロフィールを。






1970年生まれ。大阪生まれの大阪育ち。現在も大阪吹田市の江坂近郊で家族と住んでおります。

高校卒業後、浜田省吾や尾崎豊のようなロックスターを目指すも、音楽理論がいまいち理解できず挫折。詩的センスのかけらもないことに気づく。
彼の歌Bow!にある「ドンキホーテ」の主人公みたいに間違った敵と戦っていました。

ドンキホーテの物語は第一章で終わらず、なぜか第二章が始まる。

次は血迷って小説家を目指す。

文芸新人賞1次選考で撃沈が2回ぐらい。あえなく、挫折。というか失敗。


そして、どうしたことかオサム物語はナルニアのように第三章へと続く。。。


顔がイケてないのに俳優業を目指す。

一応エキストラできる劇団に所属してました。
関西系のドラマでちょこっとエキストラに出ただけで、あえなく敗北。完敗。



劇団やってるときに花屋でバイトしていたことがこの世界の入口です。

はじめはお金だけの為でやっていたのに、その花の魅力に引き込まれてしまいました。

ただたんに「きれいやなぁ」です。
それまではそこらへんの庭に咲いてる花しか見たことがない僕は、心から花屋で売ってる花ってすごいきれいなんや。と知らされました。

そんな植物の力なのでしょうか、ディズニー映画「美女と野獣」の野獣のように本来の自分の姿を取り戻す事が出来たのです。顔も王子様になってほしかった・・・。



王子ではなく、かつてドンキホーテだった僕はやっと理解することができました。

僕はドラゴンなんかと戦っていたのではなかったんだ。

良く見るとそれは竜ではなくただたんの幻想を映し出す風車です。持っている剣もオモチャでした。



それからというもの、オモチャの剣をバラの花に変えて、いっしょうけんめいお花を勉強しました。

すると、従業員時代の経験を認められて、なんばで念願のお店持つことができました。
運よく周りにいたお客様のおかげで軌道にも乗りかけたときです。



慢心とはたいへん怖いものです。

かつてドンキホーテだった僕は、ドンキホーテだったことさえ忘れてしまい、お金だけを追い求める姿になっていました。

まさにドンキホーテならぬ、「ドンキーコング」のように売り上げが上がるたびに「うほっ、うほっ!」バカみたいにおたけびをあげるゴリラとなったのです。


もう人間ではないドンキーコングに、お花の神様にもそっぽを向かれました。

追いうちをかけるように東日本大震災。

当然、慢心狂いのドンキーコングには支えることができません。力はあっても知恵と心がないからです。




そんな震災当時、心に残る動画を偶然見ました。

遺族が海に向かってお花を供えている姿です。

あとは・・・。最新版、当ウェブサイトに書いてる通りに心を改めることになったのです。遅すぎ。


当店女性スタッフさんたちの支えもあり、やっと人の気持ちがわかるようになった僕は心底まじめな人間になろうとしている最中です。

顔はともかく、心だけはの気高い王子になれることを今現在も夢見ています。


そんな太っちょだけど王子様修行中の僕に、相談しに来てくれるお客様にはほんとうに感謝しております。ありがとうございます。

大阪ではない、はるばる遠方からこのプログを読んでくれてる読者さんにもすごく感謝してます。
ありがとうございます。



いつもながいプログで時間をもらっております。



以上、長々と僕のプロフィールでした。

お疲れさまでした。




おやすみなさい。




by flowersalonosamu | 2015-09-24 19:56 | flowersalonosamu | Comments(0)