人気ブログランキング |

誕生日や記念日の花を贈る人限定。好きな人との関係性のための難波なんばの花屋 flowersalonosamu。

uwattura.exblog.jp
ブログトップ

続、フラワーアレンジメントをかわいく作るためのコツ。

b0344880_18014316.jpg





こんばんは。なんばの花屋のふじいです。


今日のタイトルは、前回の続編です。



前回の記事で肩透かしを感じた方はいたでしょうか?


でも、花材をちゃんと選ぶということは、大切なことです。

よく、安い花でいいから綺麗にしてくれ、という方がおられますけども、ハッキリ言ってそんなの無理です。安い花はそれなりです。安かろう悪かろうではなく、安かろうそれなりだろう、です。激安スーパーで売っているくだものと百貨店で売っている果物が違うのは一目了然です。

それぐらい重要なことです。

価格が高い花は、花の美しさが飛びぬけてます。

そしてその使いやすさといったら・・・。わかりますよね。



本質が良い物は、何をしても素晴らしいです。

そのまま飾ってもよし。手をかけて加工してもよしです。

そして、きれいでかわいいフラワーアレンジメントを制作していくためには、加工しやすい商品でなければその先が進めません。




そして、フラワーアレンジメントをかわいく作るためのポイントその2は、まどろっこしいですけど、まださわることができません。触れることができないのです。

まるで美しい人を遠くから眺めているかのように、あれこれ考えなければいけません。ほんとうに良い物を作ろうと思うのならば、ここ一番は集中しなければいけないのです。使い捨ての変わりなどないです。



次は色彩のイメージを固めることです。暖色系か、寒色系か。ビビッド系かパステル系か。そんな色彩の変化でのイメージもさることながら、形容詞的な意味合いなども続きます。かわいい系か、美しい系など。元気系や、やさしい系など。

そして、その色彩感覚をイメージしながら、本来持っている花の形の特徴を心に描きます。それぞれの花の形態と色彩の本質を良く理解しながら、違う花をミックスさせていきます。(もちろん頭の中でのイメージで)

そして、なんども頭の中で失敗しながら、組み立てていきます。また、そうやっていかないと上達していきません。

ぼくも経験が浅い時は、頭の中で組み立てることができず、現物の生花を、いろいろ、時間をかけてとっかえひっかえしていきました。
それをするとかえって迷走していきます。すべての組み合わせが良く見えるし、その逆で、悪くも見えてきます。とっかえひっかえしていくうちに、花も痛んでしまいます。

趣味でお花を組み合わせて行くには楽しさもありますし、時間の余裕もあります。

しかし、われわれフローリストたちのように、目の前にお客様がおられると、そんなこと言ってられません。

まず、お客様の望みのフラワーギフトが最優先です。


そして、20年以上たった今でも、お花をアドバイスすることが最優先となりました。
お花の世界の第一線で活躍している方は、やはり素晴らしいです。

そして、僕はアドバイザー止まりとなりました。
でも、フラワーアドバイザーにも意地というものがあります。

なら、アドバイスだけは一流になろうと思ってます。日々勉強です。

でも、たまに思います。

モーツァルトのような天才的なセンスで、花を作っていけたらなぁ・・・と。

世の中には二つのタイプがあります。


1. モーツァルトのように万人を巻き込んで渦の中心へと引きこんでいく人。

2. ただ一人の作り手が、一人のひとしか満足させられない人。


あきらかに僕は後者の方です。

だからといって悲観的ではありません。あくまでポジティブです。

その人だけ満足してくれるというのは、このうえない幸せです。




はなしはかなり横道をそれましたが、その満足させる人を他人ではなく、自分自身に当てはめてみると、すんなりとデザインが完成してくると思います。

ちょっと気分が落ち込んでる時、すがすがしい気持ちでいる時、なんだかワクワクするような感覚の時。

その日によって心というものは微妙な変化をしています。

そんなちょっと違った自分ことを確認しながらの、フラワーアレンジメントをデザインしていくのも、また新しい発見があるかもしれません。



お花が好きな人、フラワーアレンジメントをがんばってください。あえてこのプログでは準備段階のことばかり言ってますが、とても重要なので心にとめておいてください。


失敗を繰り返しながら上手になっていきましょう。




もしかしたらあのモーツァルトも、初めはセンスのかけらもなかったのかもしれません。


そんなことないか・・・。


by flowersalonosamu | 2014-11-06 18:05 | 上手くお花をつくるコツ | Comments(0)